テッパンと言われる節約術に挑戦してみたものの、続かない、効果がなかなか表れない…という人も多いのでは?王道節約術に隠された意外なムダを、お金の専門家・ファイナンシャルプランナー(FP)が徹底分析してくれました。もしかしてその節約術、じつはムダかもしれませんよ!貯まらない人ほどやりがちな「ダメ節約」とは

「節約とは本来とてもシンプルで、入ってくるお金(収入)より出ていくお金(支出)を小さくすることが基本」と語るのは、FPの風呂内(ふろうち)亜矢さん。「人気の節約術には、支出を減らそうとしてロスがあったり、支出を抑えるようでいてムダづかいを誘ったり、効果に結びつきにくいものもあります」。

自分に合わない節約法を、無理をしてまで実行しているのなら、今すぐやめてみるのも手。たまらない人ほどやりがちな「ダメ節約」を聞きました。


長財布にこだわるのはムダ!?

●決済スタイルの変化に合わせて変えるべき

お札をきれいにキープでき、「お金持ちが持つ財布」という印象が定着している長財布。でも、カード払いが中心で現金をあまり持たないのなら、折り畳み式の方が合理的です。また、長財布はたくさん入ってしまうからとレシートやカードで膨れるのもNG。大事なのは、残高をチェックしやすく、自分のお金にこだわりをもつこと。不要なものをため込まない小さな財布に変更し、お金を丁寧に扱うことを優先して。ポイントカードの断捨離はムダ!?

●ひととおり取っておいて問題ありません

ポイント目的の買い物につながるから、とポイントカードを断捨離。でも、「捨てなかったら貯められたのに」と後悔する方がムダ。ひととおり取っておきましょう。初めて行ったお店のものは自宅で保管し、2回目は新しいカードをもらうか、スタンプならレシートに押してもらう。数回足を運んだら「行きつけ認定」し、合算後に財布やカードケースに入れて持ち運びするようにすればOK。逆に数か月たって一度も使っていなければ処分して。クレジットカード断ちはムダ!?

●固定費用にして賢くポイントを貯めて

クレジットカードは、ポイントを貯めたり、明細で家計の流れを見たり、お金を上手に使える機能が満載。「現金で買わないものはカードでも買わない」を守れば、節約の敵ではありません。カードを使いこなす自信がない人は、光熱費など固定費をカード払いにすることから始めるのがおすすめ。ポイントが分散しないよう、使用カードを絞るのはマストです。セットで頼むのはムダ!?

●本当は単品注文で満足できていませんか?

美容院ではいつもカラーとカットをオーダー。だけど、カラーをきれいに保つには2か月に1回必要でも、カットは半年に一度でいいのでは。レストランでのセットメニューは、おなかのすき具合ではアラカルトの組み合わせで満足かも。当たり前になっているセットを見直せば、節約の機会が増えます。「今だけ3個セットでおトク」も、もちろん見直して。保険の見直しを頻繁にするのはムダ!?

●まず保険に入ったときの動機の見直しを

家計の改善ですぐ浮かぶのが保険の見直し。でも、保険会社にとっては、積み立て分を減らして保障を増やすとメリットが。言われるままに変更しないよう、見直しは加入したときの動機で判断しましょう。貯蓄が主な目的だったのなら、マイナス金利の今は見直さないほうがベター。保障については、医療費をまかなえる貯蓄があるからかけ捨てのものは解約する、など現在の状況に合わせて判断を。「節約するより稼げばいい」はムダ!?

●支出を確実に抑える節約は貯蓄へのいちばんの近道

貯蓄を増やすには「収入を増やす」「資産運用する」「支出を減らす」の3つの方法がありますが、収入増加も資産運用も周りの状況に左右されるため、確実ではありません。その点、支出は自分の努力や工夫で減らすことが可能です。支出を常に意識すると「これは必要な買い物?」と無意識にジャッジするように。支出を減らす節約こそが貯蓄への近道です!【監修/風呂内亜矢(ふろうち・あや)さん】
ファイナンシャルプランナー。マンション販売会社勤務時代に3000人以上の資産分析を行い、貯蓄の奥義を確立。テレビ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信。出演番組は『めざましどようび』(フジテレビ)、『あさイチ』(NHK)など多数。著書『その節約術はキケンです』(祥伝社)が話題に。

<取材・文/ESSE編集部>