画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本仙台支社は12日、奥羽本線神町駅の建替えに着手すると発表した。地域住民をはじめ利用者に愛着を持ってもらうため、新駅舎に建築当初のデザインを取り入れる。

新駅舎は白を基調とした外壁に木目調の腰壁を施した外観で、屋根は片流れ式。駅名のローマ字表記や待合室上方にある明り取り窓など、細部に既存駅舎のデザインを残す。建替え工事にともない、9月29日から仮駅舎を使用開始する。新駅舎の利用開始は2018年2月を予定しており、工事がすべて完了するのは3月になる見込みだという。