エビアン選手権を前に記者会見する宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

06年からタッグを組んできた名相棒…街中で大注目を浴びた日を回想「カオス状態」

 女子ゴルフのメジャー最終戦、エビアン選手権(エビアン・リゾートGC)が14日に開幕する。宮里藍(サントリー)にとって現役最後の大会となるが、“ラストダンス”を前に専属キャディーが「世界のミヤザト」と過ごした日々を回顧している。米ゴルフ専門誌「ゴルフウィーク」が報じた。

 宮里が歩んできたプロキャリアの終着点が、ついに訪れることになる。

 今月上旬のポートランド・クラシックは、通算13アンダーで今季最高の5位。米最終戦を終え、フランスに場所を移したが、エビアン選手権では2009年と11年に優勝している相性の良い大会とあって、12日に行われた公式会見では「まずここに来られて、とてもハッピーです。今週は、私の本当に最後の最後の試合。すごく気持ちは良いし、良いプレーをする準備は整っています」と語った。

 米ゴルフ専門誌「ゴルフウィーク」は、宮里と苦楽をともにしてきた専属キャディーのミック・シーボーン氏を直撃。米ツアーに主戦場を移した2006年から長きにわたりタッグを組んできた(14年に一度コンビを解消)“相棒”は、宮里が電車の駅で大注目を浴びた日のことを回想したという。

「彼女が周囲から気が付かれると、カオス状態になるんだ」

 同誌はシーボーン氏の証言を受け、「“アイマニア”は日本に実在したのだ。あたかも全てのTVコマーシャルに出ているようであり、国民から最も注目を浴びるスポーツ界のスターとして、メジャーリーガーとも肩を並べる存在であったのだ」と記している。

シーボーン氏が証言する宮里の素晴らしき人柄「みんな彼女に惹きつけられる」

 宮里の何が人々を魅了したのか。シーボーン氏は、規格外の才能だけでなく、素晴らしい人柄が宮里には備わっていたと語る。

「これ、と明確に指摘はできない何かがあるんだ。みんな彼女に惹きつけられる。そういった魅力は限られた人にしか備わっていないものだけど、彼女にはまさにそれがあるんだ」

 シーボーン氏の言葉を表すかのように、公式会見に臨んだ際に“トレードマーク”の「藍ちゃんスマイル」は飛び出すと、カメラのシャッター音がインタビュールームを包んだという。記事では、その光景を「まさに彼女の人生におけるサウンドトラックを聞いているかのようだ」と描写している。

「出るからには優勝しかない」と語ったという宮里。ポーラ・クリーマー(米国)、ヤニ・ツェン(台湾)と同組で最後の大会初日を迎える。