MIYAVI

 サムライギタリストのMIYAVIが11月8日に、アーティストと真剣勝負を繰り広げる対戦型コラボレーション・アルバム第2弾『SAMURAI SESSIONS vol.2』を発売することが決定した。アルバムには、三浦大知や、HYDE、SKY-HIなどを含む9人のアーティストが参加している。同作の発売に対し、MIYAVIは「ここから生まれる新しいケミストリーに、正直、ゾクゾクしています」とコメントしている。

 『SAMURAI SESSIONS vol.2』は、MIYAVIがジャンル、キャリア、国境さえも超え、アーティストと真剣勝負を繰り広げる対戦型コラボレーション・アルバム第2弾で、11月8日にリリースされる。

 今回の9人の参加アーティストは、EXILE SHOKICHI、KenKen(LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash)、シェネル、SKY-HI、ちゃんみな、HYDE、VERBAL(m-flo/PKCZ)、Masato(coldrain)、三浦大知と豪華ラインアップ。

 また、三浦とは6月29日におこなわれた『MIYAVI 15th Anniversary Live “NEO TOKYO 15”』ツアーFINALで共演し、二人で新曲を披露している。

 今作に対しMIYAVIは「『サムライ・セッション』の続編として、素晴らしいシンガー、表現者達と一緒に創りました。ここから生まれる新しいケミストリーに、正直、ゾクゾクしています」とコメントしている。

 さらに、参加アーティストからのコメントも届いている。以下の通り。

 「リスペクトするMIYAVIさんに誘って頂き本当に嬉しかったですし燃えました!! 一緒にスタジオに入りMIYAVIさんのソロを聞いた時には魂が震えまくりでした!! そして自分が乗せたトップラインが完成した時にはまったく新しいものに仕上がっていて自分の音楽にさらなる広がりを感じられて楽しいセッションでしたし、本当に感謝しています!!」EXILE SHOKICHI

 「気づけばもう古くからの仲間だ。いつも刺激を共有できる仲間がいるというのは、音楽家にとって、大変幸せな事の一つです。さて、これを機にもっといっぱいやりましょうよ。世の中を刺激で埋め尽くそう」KenKen (LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash)

 「唯一無二のMIYAVIさんと一緒に作品を作ることができて、本当に楽しかったです。たくさんの人に共感してもらえる、と同時にキャッチャーでクラブっぽい、そんな曲を作りたくて。出来たと思います! 世界中に楽しんでもらえたら嬉しいです。私を誘ってくれてありがとうMIYAVI! あなたのアートに参加させてもらうことができて、Happyです!」シェネル
 
 
 「出会いはラジオでのフリースタイルセッションでした。アドレナリンが止まらなかったこと、熱が迸ってどこまでも行けそうな感覚に侵されたこと、今でも昨日のことの様に覚えています。それからと言うもの、ずっといつか楽曲をやり合いたいサムライがMIYAVIさんでした。以前のフリースタイルの様なお互いを斬り合う形でなく、隣り合う形で共に戦えたことを心から誇りに思います! 今後の自分のキャリアの中でも大切な一曲ですし、また刃を交えられる日を心から楽しみにしています」SKY-HI 

 「MIYAVIさんがお兄さんみたいに接してくれたので楽しかったし、やりやすかったです。お互いにリスペクトの気持ちを持ちながら制作できたんじゃないかなと思います。『Pain』をテーマにというお話を頂いたので、自分なりの『Pain』が詰め込まれた楽曲になりました」ちゃんみな

 「彼と楽曲作るならみんなで歌えるような作品が良いなと思い、僕がアイディアを送ったらどんどん彼がアレンジしてほとんど原型がなくなったかな笑 芸術を追求する本物のアーティストって感じ。見習わないとな〜」HYDE

 「仕事も遊びも1000%の熱意を注ぐMIYAVI!兼ねてから曲を作りたいと思っていましたので、数回に渡ったスタジオセッションは想像以上にクリエイティブで、お陰様で予想外の楽しくカッコイイ楽曲が出来ました!アルバムの出来上がりも楽しみです!」VERBAL(m-flo/PKCZ)

 「もうボーカリストとかいらないでしょ! って思うアーティストの楽曲に声で挑む。これほど気持ちがいいチャレンジはありません。ライブを共にする中で密かに生まれていたMIYAVI × MASATOという野望を最高の楽曲で叶えることができました。またすぐやりたいです。欲深くいきます。また呼んでください!!」Masato (coldrain)

 「デモが届き『Dancing With My Fingers』というタイトルを見て音を聴いた瞬間に、これは2人でしか作れない最高の一曲になるだろうと確信しました。Liveや番組で一緒にパフォーマンスをさせていただく度にMIYAVIさんのギターで歌い踊るのが毎回楽しかったので、遂に2人のオリジナルを作る事が出来て嬉しいです。誘っていただき本当に有難うございました。沢山の人の耳に心に届く事を願っています」三浦大知