画像

写真拡大

 電通デジタルとトランスコスモスが新会社「株式会社電通デジタルドライブ」を設立。両社の得意分野に関する知識・リソースを活用し、企業のデジタルマーケティングを支援する。

 電通デジタルとトランスコスモスは業務提携し、企業のデジタルマーケティング支援業務の強化を目的に新会社「株式会社電通デジタルドライブ」を、9月13日に設立した。

 昨今、企業内におけるデジタルマーケティング領域のノウハウの蓄積や業務の体系化、体制強化などを求めるニーズは高まっており、外部からの支援だけでなく自社内におけるオンサイトの業務支援が求められている。そこで、両社はデジタルマーケティング支援業務のバリューチェーン構築を目的とした業務提携を行った。

 電通デジタルの強みである、電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した“人”基点の統合フレームワーク「People Driven Marketing」(ピープル・ドリブン・マーケティング)を活用したより高度で精緻なプランニングと施策開発力、トランスコスモスの強みである、デジタルマーケティング運用における業務設計およびオンサイトとニアショア・オフショアセンターを連携させた大規模運用の豊富な実績など、両社の得意分野を融合し、知見・リソースを共有していく。

 これにより、戦略から実行まで一貫した体制を強化し、クライアント事業のさらなる成長を支援していく狙いだ。

 また、新会社の共同運営を通じて、高度なデジタルマーケティングツールを活用したモデル構築や運用の業務標準化などにおけるパターンの開発、AIや認知技術を活用したRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)領域における新規サービス開発にも取り組んでいく。

【新会社の会社概要】
  社名:株式会社電通デジタルドライブ
 所在地:東京都港区東新橋一丁目8番1号
 資本金:5千万円
出資比率:株式会社電通デジタル51%、トランスコスモス株式会社49%
代表者:代表取締役社長 齊藤 寛樹
(電通デジタルデジタルトランスフォーメーション部門プロセスイノベーション事業部長)
  設立:2017年9月13日
営業開始:2017年10月1日
事業内容:デジタルマーケティングツール業務のパターン開発、AI自動化ツールの開発など

MarkeZine編集部[著]