@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

EQAコンセプト BMW i3と価格で勝負

メルセデス・ベンツは、将来発売するEVモデルのコンセプトカーを発表した。

コンセプトEQAは、電気自動車を扱うEQブランドの第2弾モデルであり、

・航続可能距離:400km
・価格帯:BMW i3と競合する水準

という情報が明らかになっている。


昨年公開されたEQCにつづく今回のコンセプトカーは、2020年にEQブランドのエントリーカーとして発売される予定だ。

ここでは、EQAが採用するEV用プラットフォームについて、詳しく見ていこう。
 

新プラットフォーム「EVA」 高い汎用性

メルセデスが開発したEV用プラットフォームは、EQシリーズの全車種に使われることになる。

「EVA」(エレクトリック・ビークル・アーキテクチャー)というコードネームが与えられたこの基本プラットフォーム。これを採用する新型EVは、内燃エンジンモデルの
・Aクラス
・Bクラス
・CLA/同シューティングブレーク
・GLA
と同じ工場で生産することが可能だという。


汎用性の高いEVAは、
・駆動方式:前輪/後輪/AWDに対応
・モーター数:1基/2基を選択可能
・搭載バッテリーの拡張性の高さ
・バッテリー搭載位置の低さ
という長所がある。また、800Vの急速充電システムにも対応している。
 

生産型の車内 「かなり広い」

ダイムラーのディーター・ゼッチェ会長は、「電動化はますます加速していくでしょう。2022年までに、メルセデス・ベンツは10車種以上のEVを発表します。EQAは、わたくし共がエレクトリック・モビリティの導入にいかに真剣であるかを示すものです」と話している。


なお、EQAコンセプトは3ドアであるが、生産モデルは5ドアとなり、われわれの情報筋によれば、現行型Aクラスよりも車内は「かなり広くなる」と言われている。