GIRL’s TRIP!うきうきチェジュ旅レポ〜総括編◆

写真拡大 (全19枚)

GIRL’s TRIP!うきうきチェジュ旅レポ総括編

『GIRL’s TRIP!うきうきチェジュ旅レポ総括編』(←click!)はこちら。

PICK UP 3:GIRL’s流、市場の楽しみ方
チェジュ島の市場と言えば、オルレ市場! 魚介類や野菜などの生鮮食品からデコポンジュース屋、衣料店までさまざまな店が軒を連ねるアーケード市場です。オモニたちが座って食材を販売する姿って韓国らしい光景ですよね。私たちは、チェジュの特産品であるハルラボン(デコポン)のスイーツ&ジュースを目がけて訪れました。

ハルラボンにストローを突き刺したフレッシュジュース。このストレートな感じ、南国でよく見るココナッツの実を器にして飲む感覚と同じですよね。その場で絞りたてを提供してくれるから新鮮で、ハルラポンの甘味がとっても活きているんです。このストロー突き刺し系もフォトジェニックですが、女子旅メンバーが選んだのは玩具みたいなタンブラー(!?)で飲むハルラボンジュース。

祭りの屋台にありがちな遊び心くすぐるルックスに心奪われて、みんなでチャーン(乾杯)!オシャレ女子が片手に持つ、シュールな容器のデコポンジュース。ファッションのアクセントになってるし、ツッコミどころのある感じがたまらない♪

このゴキゲンな容器はホテルで洗って、福岡に持ち帰りました(笑)。雑多な市場の中でもユニークな商品をしっかり掘り出すのが、いかにも女子ですよね。ふふ♪

PICK UP 4:インスタ映えスポット
チェジュ島に行くまで島のイメージが「自然」の一点張りだったので、インスタスポットとなると海? 山? くらいの安直な想像だったんですが、いえいえ、たっぷりありましたよ、街やカフェの可愛い場所! PICK UP1.のGDカフェもそうですし、オルレ市場からすぐの「イ・ジュンソプ通り」で見つけたオシャレな建物たち。

ショッキングピンクの可愛い壁を見つけて、早速撮影大会でございます。

あ、そうそう! チェジュ島の守り神・トルハルバン(石じいさん)の石像もインスタスポット 島のいたるところに立っていて、場所によってはカフェとコラボしたデザインもあり、形も大きさもさまざま。見つけたら思わず一緒に写真を撮りたくなる存在でした♪ ガイドさんの話によると、トルハルバンのとんがり帽子は男性の性器を表しているそうで、鼻を触ると男児の子宝に恵まれるというご利益付き。もしこの女子旅メンバーが男子を宿したら、その時は済州と名付けることでしょう…なんて♪

緑あふれる『カメリアヒル』『イニスフリー チェジュハウス』もインスタスポットとして楽しめました! 邪魔するものがない広大な風景が絵になるんです♪

続きを読む

PICK UP 5:オーシャンビューのお洒落カフェ
こんなにお洒落カフェがあるなんて、正直ビックリ! 今回足を運んだ『monsant de aewol』『CAFE VADADA』『Balmy Beach』は、すべてオーシャンビューのカフェで、センス抜群のインテリアと壮大なスケール感に圧倒させられました。

ソウルにもたくさんお洒落なカフェはありますが、チェジュはそのスタイリッシュさに加え、海や山のロケーションまで味わえるという、一粒で二度美味しい優雅なひとときを過ごせるのです。これはチェジュ島だけの贅沢ポイント! カフェ&コーヒーブームが続く今、若者たちが次なる場所にチェジュ島を選ぶのも納得です。上記の3つのカフェは、それぞれ島の西、南、北の別々のエリアにあるので、海の色や辺りの雰囲気が異なります。すなわち、南北東西の各所に見所がたくさんあるということ! まだ行けていない&見れていない特別な場所がいっぱいあると思うと、二度も三度も…、何回もチェジュ島に訪れたい…!!!

PICK UP 6:女子力アップの秘訣
嘘じゃないですよ、本当の話。「肌の調子、良いんじゃない?」って女子同士で話していて、理由を考えていたら女子力アップの要素がチェジュ島にありました。火山島であるこの島は、火山石が豊富にとれる土地。この火山石の成分が毛穴の引き締めや保湿の効果、角質除去、皮脂対策にアプローチするというのです。

旅中に訪れた『イニスフリー チェジュハウス』と『済州物語』には、火山灰や火山石を使ったスキンケア商品が揃っていて、ここだけの限定商品に人気が集中していました! 実際に洗い落とすタイプのフェイスパックを使ってみたところ、肌の調子が良い感じ♪

あと、やっぱり空気がキレイ! チェジュ島には噴火口が複数あるので「良い気」が流れていて、自然と元気が湧いてくるパワースポットなのだそうです。そんな中でのびのびとした時間を過ごすと心もカラダも浄化されて、結果お肌の調子も良くなるという好循環に結びつくのかも。昨晩結構な量の焼酎を飲んだのに…(笑)、二日酔いもむくみもなく、お肌がぷるんと潤ってメイクのノリもばっちり

PICK UP 7:女子的お土産事情

なんと、トランクがパンパンになるほど買い込んじゃいました。だってチェジュ島が好きになっちゃったんだもん、福岡に帰ってもできるだけ長い時間、余韻に浸りたいじゃないですか! 現地のガイドさんがオススメしてくれた食料品の中でも、まずはチェジュ産の焼酎「ハルラサン」をボトルで大小購入。ソウルではおろか福岡でも手に入りにくいと聞いたし、実際に飲みやすかったので♪ 他はチェジュの名物シリーズとして、ハルラボン(デコポン)のポン菓子もチョイス。シーフード味のラーメン「ジンチャンポン」は、今韓国で一番売れているラーメンらしくてファミリーパックを即買い。あと、チルドのキムチとチャンジャも(貪欲)。

コスメ類は、2日目に行った『済州ロッテ免税店』で調達した韓国コスメ、3日目の『済州物語』の火山石フェイスパックをゲット。なにより嬉しかったのは、済州観光公社のキムさんがプレゼントでくださったハムラボン(デコポン)のアロマキャンドル。この香りを楽しむことで、チェジュ島での旅行の思い出がフワッと蘇るのです。うぅ、優しい。済州観光公社の徐さん、李さん、金さん、本当にありがとうございました!!!

************************

私たちが今回体感したチェジュ島の魅力は、きっとほんの一部。海山のアクティビティも、城山日出峰のハイキングも、スパもカフェもグルメも…、まだまだいろんなチェジュを楽しみ尽くしたい!! そして、時間を忘れるのんびりとしたバケーションを過ごしたい…

それでも、初めてチェジュ島へ訪れたことでイメージがアップデートし、リゾート以外に、街の面白さ、歴史が紐解ける場所、高感度スポットまで見つけることができました。自然のパワーに元気をもらって、可愛くてお洒落な場所に刺激を受けて、絶品の名物料理に酔いしれて、現地の人の優しさに癒されて…、あぁ大満足! 興味も愛着もうんとアップ ありがとう、チェジュ島!

読者のみなさんにも是非、チェジュ島の素晴らしさを体感してもらいたいです!! 福岡からサクッと行ける近場の海外離島。リゾート、街遊び、グルメ、全てがチェジュ島に揃っていますよ!!!

チェジュの情報はコチラでチェック!

<済州島観光情報>
・Visit jeju
・discover jeju
・instagram

<済州島ツアー>

・近畿日本ツーリスト
・HIS
・阪急交通社
・西鉄旅行
・LOOK JTB

シェア ツイート LINEで送る

Related Post

ピエトロで見つける「自分だけの新しい定番パスタ」 2017/07/25
GIRL’s TRIP!うきうきチェジュ旅レポ最終日 2017/09/12
話題の浮世絵師?!山田全自動のインタビューでござる。 2017/09/08
GIRL’s TRIP!うきうきチェジュ旅レポ総括編 2017/09/13
博多駅前に巨大ミニオン大脱走! 2017/07/07
《シティ情報Fukuoka 9月号》お詫びと訂正 《福岡肉本2017》お詫びと訂正

【記事提供元】

シティ情報ふくおか

今年創刊40周年に突入! 福岡ライフを充実させるタウン誌《シティ情報Fukuoka》より、「楽しい」「美味しい」おすすめ情報を発信!

URL:http://www.fukuoka-navi.jp/