【ソウル=桜井紀雄】韓国空軍は13日、北朝鮮の重要施設を韓国上空から攻撃できる空対地ミサイル「タウルス」(射程約500キロ)の初の実射訓練を西方の黄海上で12日に行い、成功したと発表した。

 有事に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の指導部を狙ういわゆる「斬首作戦」での使用も想定され、高い報復能力を示すことで軍事的挑発を続ける北朝鮮を強く牽制(けんせい)した形だ。

 F15戦闘機から発射されたタウルスは、空中に設置した障害物を誘導能力で避けながら約400キロ飛行、島の標的に命中した。空軍幹部は「敵が挑発すれば、優れた精密攻撃能力で即刻報復する」と強調した。

 タウルスは、ミサイル拠点を先制攻撃する戦略「キルチェーン」の柱の一つとして欧州から導入。命中精度は誤差約1メートル。ステルス性を備え探知されにくく、北朝鮮の地下施設も8メートルまで貫通させる威力を持つ。