新型iPhoneの事前リーク情報を伝える米ニュースメディア「9TO5Mac」のサイト画面

写真拡大

 今回の新型iPhone発表では、発表会の4日も前に、欧米のネットメディアが新機種の詳細を報じる異例の事態となった。新機種に使われる最新基本ソフト「iOS(アイオーエス)11」とみられるプログラムを何者かが漏らしたとみられ、アップル関係者は「前代未聞の深刻な事態」とショックを隠さない。

 基本ソフトの情報については、アップル専門の米ニュースサイト「9TO5Mac」が8日、「iOS11」の完成直前版を入手したとして、新型「iPhoneX」の存在や、新採用される顔認証、ワイヤレス充電などの詳細を報じた。アップルウォッチの新モデルに関する情報なども次々に報じられた。10日には英BBCが、アップル従業員によるリークの可能性があると報じ、他メディアも追随した。