高知県の新ご当地キャラクター「案山子ZEYO!」

写真拡大

高知県の新ご当地キャラクターとして「カカシ」をイケメンへと擬人化したユニット「案山子ZEYO!」が誕生。“米どころ高知県”をアピールするべく、株式会社ジー・ミックスと高知県・宮地民芸と共同でPRプロジェクトが始動しました。

その他の画像つき【元記事】を見る

「案山子ZEYO!」は、日本最後の清流と言われる高知県が誇る大河「四万十川」が流れる四万十市で、不作に悩まされる人々が豊作を願って作り上げた個性的な案山子たちに、豊作の神によって魂が宿ったという設定。

プロジェクトでは今後、観光誘致や米のPRするイベントなどを計画しているそう。今後はTwitterやブログ、Instagramなどでの情報発信も行われる模様。

プロジェクトの第1弾として、カカシであることを意識したアクリルキーホルダーが制作され、9月13日から銀座にある高知県のアンテナショップ「まるごと高知」などで販売が開始されます。価格は1000円(税込)。