U-18日本代表メンバーが発表された

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は13日、カタール遠征に向けてU-18日本代表メンバーを発表した。1999年以降に生まれた選手が対象で、2019年のU-20W杯を目指す世代となる。

 今月、新たな戦力発掘のために大阪で行われたトレーニングキャンプのU-18日本代表候補メンバーから、同代表初選出のGK中野小次郎(法政大)とFW古川大悟(千葉U-18)が残り、ヴィッセル神戸内定のMF郷家友太(青森山田高)やジェフユナイテッド千葉内定のDF杉山弾斗(市立船橋高)、トップチーム昇格が決まっているGK大迫敬介(広島ユース)、MF奥抜侃志(大宮ユース)、MF伊藤洋輝(磐田U-18)らが選出された。

 U-18日本代表は、遠征期間中にU-19フォーネイションズに参戦。23日にクロアチア、25日にカタール、27日にオーストラリアと対戦し、30日には順位決定戦が行われる。

 以下、代表メンバー

▼GK

1 大迫敬介(広島ユース)

12 若原智哉(京都U-18)

23 中野小次郎(法政大)

▼DF

2 杉山弾斗(市立船橋高)

3 川井歩(広島ユース)

5 中川創(柏U-18)

8 田中陸(柏U-18)

19 荻原拓也(浦和ユース)

21 谷口栄斗(東京Vユース)

22 阿部海大(東福岡高)

▼MF

6 川村拓夢(広島ユース)

7 伊藤洋輝(磐田U-18)

10 藤本寛也(東京Vユース)

13 堀研太(横浜FMユース)

14 郷家友太(青森山田高)

16 奥抜侃志(大宮ユース)

17 山田康太(横浜FMユース)

20 杉浦文哉(名古屋U-18)

▼FW

9 原大智(FC東京U-18)

11 中島元彦(C大阪U-18)

15 古川大悟(千葉U-18)

18 安藤瑞季(長崎総合科学大附高)