「ヤックパック」ビジュアル

写真拡大

 フェローズが、アメリカのバッグブランド「ヤックパック(YAKPAK)」の日本市場におけるマスターライセンス契約をYAKPAK LICENSING LLCと締結した。
 「ヤックパック」は、1989年にニューヨーク・ブルックリンで、ステファン・ホルトによって設立。チベットを訪れた際にその地方に生息するヤクからインスピレーションを得た、強くて丈夫なバックパックやメッセンジャーバッグを展開している。
 今回の契約により、2018年春夏から20〜30代の男女をメインターゲットに取り扱いを開始。中心アイテムのバッグは株式会社ハイブリッドとサブライセンス契約を締結するほか、シューズやヘッドウエア、アンダーウエア、ソックス、キャリーケースなどを販売する。販路はセレクトショップ、鞄専門店、カジュアル専門店、スポーツ専門店、各種専門店、ネット販売などを予定。今後は、アウトドア・レジャー用品、時計やアイウエア、スイム関連といったカテゴリーの拡大を図り、3年後の売上高は小売上代ベースで30億円を目指すという。