iPhone 8 / 8 Plus / X、いよいよ発売へ 音楽体験にも影響を与える新機能は?

写真拡大

 日本時間9月13日、Appleの新製品発表イベント『Apple Special Event』が開催された。今回同イベントで発表されたのは、セルラーモデルとなり、IPhoneなしでもApple Musicのストリーミング再生が利用可能になったApple Watch Series 3、4K HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応したApple TV 4Kのほか、iPhone 8 / 8 Plus、そしてiPhone発売10周年を記念したモデルで顔認証を導入したiPhone Xだ。

(関連:iPhone×AR技術でライブ体験はどう変化する? 新型発表に寄せる期待

 iPhone 8 / 8 Plus、Xは前面、背面ともに耐久性のあるガラス製となっており、丈夫で耐水・防塵・防沫にも優れている。『FUJI ROCK FESTIVAL』のような雨が降りやすい野外フェスなどでの使用も問題なさそうだ。また、iPhone 7同様イヤホンジャックをなくしたほか、ワイヤレス充電となったことでよりスタイリッシュなデザインとなっている。

 CPUにはA11 Bionicチップが導入され、処理速度が向上したため、よりなめらかでリアルなARを体験できるようになるという。まずは『Pokémon GO』のようなゲームアプリを中心に展開されていくことが予想できるが、今後ライブ中継などにも取り入れられていくだろう。iPhone 8 / 8 Plusは高画質なRetina HDディスプレイ、iPhone Xは有機ELを使用したSuper Retina HDディスプレイに加え、ホームボタンをなくし、ベゼルレス(縁幅のない)デザインとあり、ARを活用したMVやライブ映像を臨場感を持って楽しめそうだ。

 そしてiPhone 8 Plus、Xには望遠・広角2つのカメラを搭載。さらに照明効果を手軽に調節できるポートレートライティング機能があるほか、これまでと同じ画質のビデオを半分のファイルサイズで撮影可能になるという。画質は1200万画素とiPhone 7 / 7 Plusとほぼ変わらないものの、オートフォーカス機能などが向上しているため、iPhoneで撮影したアーティスト写真やMVなどがより一般的になるかもしれない。

 9月20日には新型iPhoneの発売に先駆け、iOS11がリリースされる。iOS11ではARアプリを手軽に開発できるARKitが搭載されるほか、Siriがユーザーの好みに合わせた音楽をリコメンドする新機能や、Apple Musicではプロフィールを作成し、ほかのユーザーをフォローすれば「友だちが聴いている曲」が表示されたり、自分が聴いている音楽をApple Music上でほかのユーザーとシェアできるようになるそうだ。

 iPhone 8 / 8 Plusは9月15日から予約受付、22日発売。一方iPhone Xは10月27日予約受付開始、11月3日発売、と少し先に。いち早くiPhone 8 /8 Plusを手に入れるか、iPhone Xへの期待を胸に待つのか。8月29日にはGoogleもAndroid向けのARフレームワーク・ARCoreを発表するなど、iOS11や新型iPhoneによりARが一気に普及する可能性がある。ARとエンターテインメントの関わりは、ますます深まりを見せそうだ。(村上夏菜)