※写真はイメージ

写真拡大 (全4枚)

「もしもし、オレだけど…」と語り、電話を受けた相手から金銭をだましとる『オレオレ詐欺』。

こうした詐欺の被害には遭いたくないもの。しかし、「むしろ遭いたい」と思えてしまう詐欺が話題を呼んでいます。

バカじゃないのー

話題となっているのは、あましょくからこ/天色空湖(@karako)さんが考えた、「ねこねこ詐欺」というもの。

一体どんな詐欺かというと、まず犯人は電話でこういってきます。

「ねこだよ。たいへんなことになっちゃったから『またたび』と『チュール』と『モンプチ』を持ってきて」

要求された品々を準備して、急いで指定の場所まで届けに行くと、そこにいたのは…。

「代理のねこです」

そう名乗る猫を信じて、すべて渡してしまうというもの。

さらにその後、家へ戻ると…。

うちの猫にバカじゃないのって顔される。

被害にあったのに、こんな対応をとられたらつらい!…と思いきや、猫好きにとっては、ご褒美でしかありません。

むしろ、準備した品をすべて騙し取られてしまってもかまいません。

投稿者さんが『ねこねこ詐欺』をツイートしたところ、「むしろ遭いたい」などと、猫の下僕となった人間たちから共感のコメントが寄せられています。

ちなみに投稿者さんが被害に遭った場合、「ばかじゃないのー」「ばかなんでしょー」といってくる飼い猫ちゃんが、コチラ。

こんな冷たい目で見つめられつつ、なじられたらと思うと…なぜか「ありがとうございます」といいたくなってしまいますね!

[文・構成/grape編集部]