2人分、3人部の働きを見せる、アンカーの最高峰、ブスケッツ(左端)。今シーズンは攻撃でも例年以上に存在感を示している。作ろうと思って作れる選手ではないが、日本サッカーはこのポジションの適性を持つ者を探し出さなければならない。 (C) Rafa HUERTA

写真拡大 (全2枚)

 ヴァイッド・ハリルホジッチ率いる日本代表は、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、佳境のオーストラリア、サウジアラビア戦で同じシステムを用いた。
 
 4-3-3、もしくは4-1-4-1で、その特長は最終ラインの前にアンカーと呼ばれる選手をひとり置き、その前にふたりのインサイドハーフを配置するかたちにある。
 
 両サイドのアタッカーを中盤とするか、FWと認識するかで、システムの表現は別のものになるが、ハリルジャパンではアンカーがフォアリベロ(最終ラインの前のDF)としての色合いが強いだけに、やはり4-1-4-1と表記すべきだろうか。
 
 しかし同じシステムでも、オーストラリア戦とサウジ戦では、結果も戦い方も、全く異なるものとなった。その理由は、あるひとりの選手の在、不在にある。
 
 勝利を収めたオーストラリア戦では、長谷部誠がアンカーに起用されている。彼は適時にCBを補強するなど、守備のカバーをするセンスに卓抜したものがある。
 
 インターセプトやゴールに迫る力では他のMFよりも劣るが、周りの綻びを修復し、全体のポジションを修正できる。FW、MF、DFの3ラインをコンパクトに保てるし、プレッシング、リトリートを切り替えられる。長谷部自身がプレーする以上に、周りを活かせられるのだ。
 
 長谷部を欠いて一敗地にまみれたサウジ戦では、「不在の在」が明らかになった。
 
 代役を務めた山口蛍は、決して能力の低い選手ではない。トップ下のポジションに入っていく迫力やゴールを仕留める力、インターセプトの鋭さや球際の強度の高さなど、平均以上の力を持つ。
 
 しかし、起きた問題を自らのプレーで解決しようとすることでポジションを動かさざるを得ず、それが相手に隙を与えてしまう。失点シーンでも、直前に相手にボールを動かされ、ポジションを捨てたことによって、そのスペースを突かれた。
 
 たったひとりの選手の在、不在で、このシステムは破綻する。デリケートなシステムであり、Jリーグで採用しているチームはゼロに近い。
 ほとんどのチームがダブルボランチというかたちでMFを並べ、ふたりが横並びでなおかつ縦関係も作り、攻守のバランスを取る。戦術としては運用しやすい。ふたりが中盤の底に並ぶことで、攻撃に入る時にだぶつく問題点はあるが、攻撃を受けた時は分担がはっきりし、綻びができにくいのだ。
 
 アンカーはひとりでボールを左右にはたくため、人のだぶつきが少なく、攻撃的にも立ち回れる。このかたちを最もうまく活用している筆頭がバルセロナだろう。
 
 一方、担当する選手の特性次第で「DFラインの前の“もうひとりのDF”」という守備強化にもなり得る。もっとも、アンカーの両脇は必然的に相手に狙われ、サウジ戦でもポジションをわずかに動かした瞬間に破られてしまった。
 
 アンカーを置いたシステムは、まずアンカーに差配する力が求められる。プレーインテリジェンスが必要条件で、このポジションではバルサのセルジ・ブスケッツが世界ナンバーワンだろう。ボールを失わないという信頼感でプレーを動かし、その攻勢によって守備でも先手を取れる。
 
 いずれにせよ、運用が難しいシステムであることは間違いない。
 
 ダブルボランチの方が、長谷部の不在の影響は小さいだろう。ただ、ダブルボランチでも長谷部のように“修正力”のある選手は、今の代表にはいない。つまり、否応なく長谷部不在の影響は出る。
 
 長谷部と同じ適性のバックアッパー探し――。
 
 それがロシアW杯に向け、ハリルジャパンの急務となる。
 
文:小宮 良之
 
【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。