70歳老将のクリスタル・パレス監督就任にファン落胆 「降格のお知らせ」「無知な人選」

写真拡大

開幕から“無得点”4連敗、元イングランド代表監督のホジソン氏が就任

 開幕4連敗中でどん底に沈んでいるプレミアリーグのクリスタル・パレスは、リーグ史上最速となる就任から77日間で解任となったフランク・デ・ブール前監督の後任として、元イングランド代表監督のロイ・ホジソンを招聘した。

 70歳の老将は現役時代に所属していた古巣で、監督業を再開することになった。

 クラブ公式サイトによれば、ホジソン監督は今週末に行われる本拠地セルハースト・パークでのサウサンプトン戦で最初の指揮を執ることになるという。開幕4試合で0得点7失点とボロボロのチームは最下位に沈んでおり、再建を託された元イングランド代表監督は就任にあたり「このクラブにある野望は現実的で、成長するための大きなポテンシャルがある。目標を達成できると期待している」と意気込みを語った。

 しかし、その一方でファンのネガティブな反応も目立っている。ホジソン監督就任をアナウンスしたクラブの公式ツイートに対して、新監督を歓迎していないようなリプライも多く寄せられている。

「この人選によってパレスはファンを裏切った」
「降格のお知らせだ」
「1905年のようなプレーを目にすることになりそうだ」
「無知な人選だ。EFL(イングランドフットボールリーグ)には若く良いイングランド人監督がいるのに…彼らには同情するよ」
「コーナーキックのキッカーはクリスティアン・ベンテケだ」

昨夏EUROでの惨敗が記憶に新しく…

 これまでホジソン監督は結果を残せず、ファンから嘲笑の的となることも珍しくなかった。昨夏の欧州選手権でイングランド代表を率いた際には、ストライカーのFWハリー・ケイン(トットナム)をCKキッカーに指名したことで大きな話題となった。そこからパレスの長身FWベンテケにCKを蹴らせるのではというジョークが、早くも散見されている。

 70歳の大ベテラン監督に対する期待は現地でもそれほど高くないようだが、窮地にあるチームを立て直すことができるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images