国際社会の制裁が、北朝鮮庶民の生活を直撃している。それに伴い、核兵器開発に対する庶民の見方も厳しくなっているようだ。

(参考記事:「米軍が金正恩を爆撃してくれれば」北朝鮮庶民の毒舌が止まらない

今月初めから、平壌を中心に北朝鮮国内のガソリン価格が急騰している。

国連安全保障理事会が対北朝鮮制裁決議2371号を採択したのは先月5日。それから3週間ほどは物価がむしろ下がるなど大きな動揺はなかったが、6回目の核実験を強行した今月3日から一部地域でこのような動きが現れている。

複数のデイリーNK内部情報筋によると、平壌におけるガソリン1キロ(1.34リットル)の価格の推移は次のとおりだ。

◇8月初旬=1万5100北朝鮮ウォン(約196円)
◇8月4週=1万2800北朝鮮ウォン(約166円)
◇8月5週=1万4100北朝鮮ウォン(約183円)
◇9月初め=1万8000北朝鮮ウォン(約234円)
◇9月7日=2万3000北朝鮮ウォン(約299円)

ガソリン価格は、当局が販売制限を始めた4月19日まで、1キロ8350北朝鮮ウォン(約109円)だった。この5ヶ月で3倍近くも高騰した計算になる。

ちなみに、中国のガソリン価格(1リットル)は地域差があるが、概ね6元(約100円)代前半、北朝鮮同様にガソリンを海外からの輸入に頼っている韓国では1500ウォン(約143円)前後だ。(9月11日現在)

平壌のデイリーNK内部情報筋によると、ガソリン価格の高騰で通りからオートバイが姿を消した。タクシーも半分以上が運行できなくなり、道が空いている。

オートバイもタクシーも、人や物を運んで利益を得ているが、運行できなくなることは収入が途絶えることを意味する。また、洗車場や中古車販売業などの関連業種もダメージを避けられないだろう。

ガソリン価格の高騰は、中朝国境沿いの都市でも起きている。両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)の内部情報筋によると、現地ではガソリン1キロの価格が8月第4週の時点で1万2050北朝鮮ウォン(約156円)だったが、現在は2万1600北朝鮮ウォン(約280円)まで高騰している。それも数日おきに暴騰と暴落を繰り返していて、ガソリン商人ですら混乱している。

ガソリン価格の高騰の原因としては、当局のガソリン販売の制限が考えられる。米国が提出した追加制裁の草案に、北朝鮮への原油輸出の全面禁止が含まれているのを知った当局が、備蓄のために販売を制限しているというものだ。

当局は今までも国家的な建設事業や、記念日の行事、軍事パレードの準備のために、非公式にガソリン供給量を減らしたことがある。このような場合、当局は各地の国営ガソリンスタンドに民間人への供給量を減らすことを指示すると同時に、保安署(警察署)にガソリン商人の統制を指示する。

前回の販売制限は4月19日に始まったとAP通信や中国中央テレビが報じているが、現在も販売制限が行われているのならば、4月からの継続措置か、新規に講じられた措置かは分かっていない。

一方、海外からのラジオ放送などを通じて北朝鮮に伝えられた原油禁輸の情報が、口コミで広がり、売り惜しみをするガソリン商人が増えたことで価格の高騰につながったとの見方もある。

両江道の内部情報筋によれば、原油の供給が止まるかもしれないとの噂が流れ、ガソリン商人がさらなる値上がりを見込んで売り惜しみしているという。

さらには、中国当局の強力な取り締まりで密輸ルートが壊滅状態に追い込まれたことで、原油の供給量が減っていることも原因に挙げられる。

北朝鮮庶民を苦しめているのはガソリン価格の高騰だけではない。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に語ったところによると、核実験の成功を祝う行事や政治講演会が相次いで開催されている。つまり、その分市場で商売をする時間が減り、収入が減ることを意味する。

ソウルに住む脱北者は、会寧(フェリョン)に住む家族から電話で「最低気温が7度まで下がったのに、薪を買うカネがない、送ってほしい」と懇願されたという。

別の情報筋は、核実験以降さらに生活が苦しくなり、核実験やミサイル発射に関心を持たなかった人々も、核兵器開発を非常に否定的に見るようになったとして、次のように述べた。

「(核実験は)3代世襲の元帥様(金正恩党委員長)の体制を頑丈なものにするかもしれないが、その日暮らしをしている我々人民にとっては非常に不愉快なことだ」