※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

『考えさせられる出来事』というのは、日々いろいろな場面で直面します。

「どうしてこうなったのだろう」「なんだか、モヤモヤする」「自分だったら、どうしただろう」…と。

たぬ(@tanucoromon)さんは、とある小学生の話を聞いて、深く考えさせられたのだそうです。

課題で『空想世界』を描いた小学生

「今日の授業は、それぞれが考える『空想世界』を描きましょう」

ある日の授業で、先生からそんな課題を出された、とある小学生。

おそらくこの授業では、生徒たちの創造性を豊かにすることを目的としているのでしょう。だからこそ、各々の考える『空想世界』をテーマにしたのかもしれません。

そんな中、小学生は葉っぱを緑色で塗ったそうです。

すると、作品を見た先生はこういいました。

「オリジナリティがない」

「『空想世界』がテーマなのに、従来の色で塗るなんておかしい」と注意した先生。

その言葉を聞き、小学生は絵を描きなおすことにしました。

後日、課題について小学生はこういいました。

「怒られたくないから変な形と色の葉っぱを描いたら、褒められた。
けど、これは『私の空想世界』じゃなくて『先生のための世界』なんだ

小学生の言葉を聞き「大人として、聞いていて悲しくて辛くて…。自分もこうなったらダメだなと、襟を正す思いだった」と話す、たぬさん。

また、自身の経験から「上の立場の人の顔色を伺うことに慣れてしまうのは、とても悲しいことだ」と痛感したそうです。

先生の『理想』に合わせることが正しいのかな?本来絵というものは、人の判断で「いい」「悪い」を決められないものなのになあ。自分も昔、学校で「自由に描いていい」っていわれたのに、結局先生に注意された記憶があります。先生という立場からすると、「これは現実と違う物を描かないといけない授業なんだよ」って伝えなきゃいけなかったのかな。きっとその子は「それは自分が描きたい絵じゃない!」ってモヤモヤしながら描いたんだろうな…。

大人の理不尽さに直面し、『自分が思い描く世界』を描くことができなかった小学生。この話に対し、多くの人が複雑な気持ちを抱いたようです。

先ほども書いた通り、『空想世界を描く授業』というのは、各々の創造性を高めることを目的とした授業です。そのため先生は、オリジナリティのある絵を描くように指導したのでしょう。

ですが、子どもにはこのまま、自分の中にある自由な発想を大切にしてほしいですね。

[文・構成/grape編集部]