金浦空港で記念撮影する研修団=13日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国のアシアナ航空は13日、日本の東洋大国際観光学部1年の学生と教授ら385人の研修団が、この日ソウル市内の本社を訪問したと伝えた。

 一行は15日まで滞在し、総合コントロールセンター、教育訓練施設、格納庫など同社の主要施設や安全運航システム、最先端航空機の整備作業などを見学する。

 また、アシアナ航空と韓国観光公社が実施する「韓国観光広報説明会」に参加し、韓国観光に対する理解を深めるほか、韓国の伝統文化と現代の文化が調和したノンバーバルパフォーマンス「NANTA(ナンタ)」を鑑賞する予定だ。