◇大相撲秋場所4日目(2017年9月13日 両国国技館)

 新十両の矢後が関取初白星を挙げた。阿炎に立ち合いは踏み込まれたが左を差して立て直し、腕を返して寄り切った。

 「左が入った瞬間から、落ち着いていけました」とほっとした表情。それでもまだ1勝3敗と黒星が先行しているだけに、表情は硬かった。

 十両昇進を機にしこ名を替える案もあったが、師匠の尾車親方と相談の上、本名のままでいくことになった。昇進会見で同親方は「改名はトンボになって羽ばたいたときでいい。まだ“ヤゴ”」(同親方)と理由を説明している。ようやく、トンボへの1歩を踏み出した。