味方選手を襲撃!? 「誤爆タックル」を海外紙が一斉報道「異種格闘技」「主将を一掃」

写真拡大

ダンディーFCのCBヘンドリーのスライディングタックルが主将カーを直撃

 スコットランド1部のスコティッシュ・プレミアシップで、味方の選手にスライディングタックルを決めて転倒させてしまう“誤爆”が発生。

 英公共放送「BBC」のスコットランド版公式ツイッターが「彼は敵にタックルすべきだということを忘れてしまったようだ」と動画付きで報じ、注目の的となっている。

 一躍時の人となったのは、スコットランド1部・ダンディーFCの22歳DFジャック・ヘンドリーだ。

 9日に行われたレンジャーズ戦、スコアレスで迎えた前半36分に“事件”はサイドライン際で起こる。ダンディーFCはカウンターを食らい、自陣右サイドのスペースにボールを蹴り出されてしまった。キャプテンを務める右SBキャミー・カーが相手を追い抜いて、猛ダッシュで帰陣。同時に、CBヘンドリーも敵と競り合いながら全力疾走でスペースのカバーリングに向かったが、スライディングでボールをクリアするはずが、カーの足を刈ってしまった。

カーがダイブする事態に会場は騒然…

 うめき声のようなものが聞こえた瞬間、カーは激しく地面に打ちつけられてダイブ。一瞬呆気にとられたレンジャーズFWケニー・ミラーはボールを追いかけ直したが、ボールはダンディーFCのGKスコット・ベインの方へ転がって失点に直結することはなかった。目の前で起こったまさかの事態に、会場は一時騒然となった。

 速報していたダンディーFCの公式ツイッターは、「36分:ジャック・ヘンドリーがタッチライン際でキャミー・カーを一掃」と状況を描写。さらに、米紙「ザ・クーリエ」英国版は「ダンディーのプレーヤーが自分のチームのキャプテンを“一掃”した瞬間が急速に広まる」と伝えれば、オーストリア紙「クライネ・ツァイトゥング」電子版は「スコットランドの“異種格闘技”が娯楽を提供」と、ユニークな見出しをつけて“誤爆タックル”を報じている。

 ツイッター上では「こりゃ一発レッドだな」、「こりゃあいい感じで削っているな、ハハハ」と思わず笑ってしまった人々のリプライが続々。試合はダンディーFCが1-4で完敗したが、足を刈られたカー、削ってしまったヘンドリーともに一番痛かったのは、大量失点を喫したことかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】BBCスコットランド版が公式ツイッターで紹介したヘンドリーの“誤爆タックル”の瞬間

https://twitter.com/BBCSportScot/status/906930277334769664

BBCスコットランド版が公式ツイッターで紹介したヘンドリーの“誤爆タックル”の瞬間