台風18号が進路を変えて今週末の3連休に日本列島を襲いそうだ。13日(2017年9月)午前8時現在、965ヘクトパスカル、暴風域の最大瞬間風速は40メートルで勢力を強めながら時速15キロで西北西に向け進んでいる。

気象予報士の河波貴大予報士によると、太平洋高気圧が弱まるため東に向きを変えて17日未明には九州南部に上陸、日本列島の太平洋沿いを縦断する可能性が高まってきた。

また野菜が高くなる

那覇はあす14日かけて風雨が強まり、九州は15日夜から大雨に見舞われ、3連休は全国的に大荒れの天気になりそうだ。

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「せっかくの季節のいい3連休なのにねえ。スーパーでは野菜が高く、ここで台風が来るとまた被害が大きくなるので心配です」