米同性婚合法化に道、E・ウィンザーさん死去 オバマ氏も哀悼

写真拡大

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 同性婚合法化のために闘い、大きな足跡を残した米国人女性、エディス・ウィンザーさんが12日死去した。88歳だった。

ウィンザーさんは「結婚は異性間のもの」と定義した連邦法「結婚防衛法(DOMA)」を違憲として国を相手取って裁判を起こし、2013年に米最高裁はその訴えを認める歴史的判決を下した。この訴訟が、2015年に同最高裁が示した「同性婚は合法」との判断に道を開いた。

オバマ前大統領は声明で、「平等に向けての米国の長い旅は、正しいことを堂々と述べる強い意志を持った静かなヒーローたちによる、数えきれない小さな行動に導かれた」とし、数日前にウィンザーさんと会い、その行動が米国にもたらした重要性について語ったと明らかにした。