マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグ勢がチャンピオンズリーグを勝ち抜くことの難しさについて語った。

 12日に行われたチャンピンズリーグ(以下CL)のグループステージ第1節のバーゼル戦に臨んだマンチェスター・ユナイテッドは、新加入のFWロメル・ルカクのゴール含む3-0というスコアで初戦白星を飾っている。

 試合後、会見に臨んだモウリーニョ監督は、CLを戦い抜くことの難しさについて語った。

 「レアル・マドリーやバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンにとってチャンピオンズリーグが始まるのは2月となる。今はただのアップ期間だ。2月、つまりイングランドのチームがクリスマス期間を生き抜こうとしているとき、彼らはフレッシュで準備の出来ている状態にあるのだ」

 プレミアリーグの日程の過密度は良く知られていることだが、実際にレアル・マドリーで指揮を執ったことのあるモウリーニョ監督だからこそ、その違いを肌で感じることができるのかもしれない。

text by 編集部