楽しい旅行……のはずだったのが、気付けば彼のやる気が消滅寸前になってしまったという経験のある方、いませんか?そんなつもりではなかったとしても、もしかすると彼の機嫌を損ねてしまう対応や言動をしてしまったのかもしれません。

そこで、今回は、旅行中のケンカについて、正しい対処法についてご紹介していきます。正しい対処をして、ケンカが燃え上がらないようにしてみてくださいね。

■彼の機嫌を損ねないように気を遣い過ぎは逆にNG

移動中や待ち時間などで、段々と疲れがたまってくると、ケンカになってしまうのはよくあることです。しかし、彼の機嫌を損ねないように…と、腫物を扱うような感じで気を遣い過ぎてはいませんか?

男性は、気を遣われていると感じると余計にピリピリしてしまうものです。こちらがあえて気を遣ってあげているにも関わらず、逆に彼が余計に気をはってしまうので注意が必要です。彼の前ではいつでも自然体でいられるようにしましょうね。

■彼の疲れや苦労については、共感してあげるのがGOOD!

自動車での移動の際は、彼が運転手となって、段々疲れを感じてくることと思います。

自動車以外での移動でも、案外女性のほうが楽しんで歩け、男性のほうが疲れを感じてしまうことはよくあることです。そんなとき、彼の疲れについて、旅の計画時からの苦労については共感する姿勢を忘れないであげてください。

・自分だけ疲れているのはイヤ
・わたしは元気というアピールをされると余計イライラする
・なんで疲れてるのとう問いがストレス

男性の心情としてざっとあげてみました。男心は難しいですね。疲れに対しては、わたしの疲れてきたけど…頑張ろう!といったように、共感すること。そして、自分も同じように疲労を感じていることを伝えましょう。

さらに、どうして疲れてしまっているのかという問いは控えるようにすることがベター。多少の口論も、このルールを守れば大炎上を避けることができますよ。

■感情的に出てしまった言葉を切り取って反論しないのが大事です

ケンカをしてしまったとき、感情的になって、言おうとしていなかったような言葉まで発してしまうこと…ありますよね。そんなとき、その言葉に対して反論をしないようにしましょう。

彼だって、そんなことは言いたくて言っているワケではありません、売り言葉に買い言葉…とあるように、ケンカの最中に、感情的に出た言葉を切り取って反論することは避けましょう。それを避けるだけで、ケンカが長引かないようになりますよ。

いかがでしたか?ケンカのときは、ついピリピリしてしまって根本的なケンカの原因を探らないまま大炎上してしまうものです。旅先で疲れも相まって、よりケンカがヒートアップすることも考えられます。ぜひ、ケンカの根本を見つけ解消するよう、気を遣い過ぎず共感する部分には共感をしながら、冷静に話していきましょう!(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)