夏の終わり、気になる肌悩みと言えば「毛穴の角栓」!
夏の間、過剰に分泌された皮脂がそのまま角栓になって毛穴に残っていませんか?
角栓が透明や黄色ではなく、黒くなってしまっていたら、皮脂がすでに酸化してしまっています。酸化した皮脂は、ニキビ・吹き出物、あらゆる肌老化の引き金になる可能性があり、取り除くのがおすすめです。

夏の間にたまってしまった毛穴の汚れを取り除きましょう。

・角栓は、皮脂やタンパク質がお団子のような状態になって詰まったもの。オイルクレンジングで一部はとれるのですが、クレンジングだけではどうしても取り除けないこともあります。

・洗浄力が高い機械練り石けん(不透明石けん)も洗顔前後の毛穴をチェックした際に、一部の角栓がとれていました。

・角栓は、皮脂だけではないので、酵素洗顔などでタンパク質に働きかけることも重要です。ただ、どんなに努力をしても、化粧品では限界があります。特に、奥深くにできて固まっている角栓などを取り除くのは至難の業。

そんなときに頼りたいのが、毛穴の角栓ケアを専門にしているサロン。コスメコンシェルジュとして、できるだけコスメですべて解決したい私が、実際に体験してみて、コスメではかなわないと太鼓判を押すサロンTOP2をご紹介します。

■ポアレスラボ 
初回5500円(税別) / リピート5000円(税別)
施術:カウンセリング、クレンジング、ゴマージュ、ラメール洗顔、超音波洗浄、ハンドトリートメント、吸引、LED、仕上げトリートメント
http://www.porelesslabo.com/

毛穴サロンの中では、比較的優しい施術が中心。毎月1回通っても金額的にも肌的にも負担なく通えるサロンです。

皮脂毛穴と開き毛穴、それぞれ毛穴の状態に合わせたトリートメントができる数少ないサロン。乾燥肌や敏感肌でも毛穴が気になる方にも、保湿ケアとセットのタイプもあり、オススメです。

ゴマージュも泥が中心でスクラブでゴリゴリしないので、とっても優しいのにしっかり汚れを吸着してくれます。洗顔パウダーに酵素がないのは残念ですがその分、肌が敏感な人でも安心して受けれます。超音波や吸引でもっとも毛穴がきれいになります。実際、吸引でとれた角栓を見せてもらえますが、比較的小さ目の角栓が中心ですが、洗顔では無理そうな角栓がかなりととれています。

このサロンは、毛穴ケアサロン始めたの方や、やりすぎることで毛穴への負担や毛穴が余計に広がるのでは?という不安な方にもおすすめです。

■ウビクエ 
ベーシック初回4800円(税込)、通常7900円(税込)
施術:クレンジング、毛穴と肌チェック、ピーリング、エクストラクション、エレクトロポレーション、コラーゲンマスク、仕上げトリートメント

とにかく結果を出したい、どうしてもとれない角栓もなんとかしたい、という方におすすめのサロンです。

ピーリングだけでも肌がつるつるになります。個人でやるとやり過ぎて肌がひりひりしたりなどのトラブルも多いピーリングですが、プロが濃度もみながら、肌の状態をチェックしてやってくれます。

エクストラクションという指圧による毛穴の角栓を押し出す施術ですが、素人が自分でやると毛穴や皮膚を傷つけてしまう可能性がありますが、プロがやる場合、肌を柔らかくしてからきっちり角栓を見ながら施術してくれます。なかなか、熟練の技を受けれるサロンは日本に少ないです。

サロンでのケアの様子。

毛穴のつまりを改善!

最後もイオン導入よりも効果的といわれているエレクトロポレーションで、毛穴の汚れやつまり、皮膚表面の不要な角質が汚れがとれた肌がとっても吸収しやすい状態で浸透されていくので、終わった後の肌のハリ感、つるつる感はすごいです。1回で違いを実感できます。

1回で違いが出る!



■賢人のまとめ
毛穴の角栓ケアは、頻繁に行ないすぎると肌へのダメージがあります。夏の終わりなど、適度に行なって健やかなお肌を維持しましょうね。

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/