創業300周年記念酒「鶴齢 純米大吟醸」

写真拡大

 創業300周年を迎える青木酒造が、記念酒「鶴齢 純米大吟醸」を10月1日に発売する。
 「鶴齢 純米大吟醸」は、新潟県産の酒米「越淡麗」を使用した30%精米の日本酒。2007年から10年の歳月をかけてマイナス5度の環境下で熟成させ、雑味なく澄み切った味わいと柔らかい飲み口に仕上げた。ボトルデザインは、クリエーティブディレクターの佐藤可士和が担当。有田焼で作られ、佐藤の手により一本ずつ絵付けされた。
 通常版(3万円)をはじめ、もろみをろ過圧搾機で絞り寝かせて作られた「雪玉」(10万円)、もろみを1袋20リットルほどの酒袋に入れて積み、そこから滴り落ちる良質な部分のみを使用した特別酒「鶴首(袋取り)」(17万円/いずれも税別・送料込)の3種が展開される。