@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

M8のレース仕様 WEC参戦

BMWは、高性能モデルM8のレーシングカーを発表した。このマシンで、同社は来季のWEC(世界耐久選手権)GTEクラスを闘う。

フランクフルト・モーターショーで公開されたのは、ほとんど完成間近の車両だ。


レーシングパーツと専用ボディワークで固められたサラブレッドは、レース用チューンを受けた4.0ℓV8ターボを搭載。トランスミッションは6速シーケンシャルミッションだ。
 

最高出力 市販M8が勝る


レースのレギュレーションにより、M8 GTEの最高出力は507psに制限される。これは、生産化モデルのM8の予想最高出力より、約116ps抑えたスペックとなる。


一方で、シャシーにはレース仕様のセッティングが施される。レースカーならではの軽量化により、市販車両よりもはるかに速いマシンとなるだろう。
 

フェラーリ/アストン/ポルシェが相手


BMWは、M8 GTEがレース参戦のためのテストを続けることによって、生産化モデルのM8の開発を勢いづけるつもりだ。標準仕様の8シリーズが、12月のロサンゼルス・モーターショーで公開されることから、M8のローンチは、さらにその先となるだろう。


M8 GTEは、2018年シーズンのWECおよびル・マンのGTEクラスで
・フェラーリ
・アストン マーティン
・ポルシェ
を相手にタイトルを争うことになる。