北朝鮮が水爆実験を行ったとする北東部の豊渓里にある核実験場の実験前後の比較写真。左は実験前、右は実験後に土砂崩れが起きたとみられる痕(左は2017年9月1日、右は2017年9月4日入手)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」は13日、北朝鮮が3日に実施した核実験について、爆発の規模が各国政府の推定をはるかに上回る約250キロトンだったとの見解を明らかにした。広島に投下された原爆の16倍超の規模だ。

 北朝鮮が水爆実験だったとする通算6回目で過去最大規模のこの核実験について、米地質調査所(USGS)は爆発に伴う揺れの規模をマグニチュード(M)6.3と発表。核実験の監視などを行う包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)とノルウェー地震観測所(NORSAR)も当初の発表値からM6.1に引き上げている。

 これらに基づき、ジョンズ・ホプキンス大の米韓研究所(US-Korea Institute)が運営する38ノースは爆発規模の推定値を「約250キロトン」に引き上げた。この爆発規模については「38ノースが(北朝鮮の)豊渓里(Punggye-ri)の核実験場で抑制可能と判断している最大値にも非常に近い」と指摘している。

 今回の核実験の爆発規模について、韓国政府は50キロトン、日本政府は160キロトンと推定している。1945年に広島に投下された原爆の爆発規模は約15キロトンだった。
【翻訳編集】AFPBB News