HIV感染について調べるための血液検査(2017年8月9日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性があるのはわずか5分の1程度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 米国は自殺、児童の性的虐待、アルコール乱用、殺人などが低評価となり24位。74位の中国は大気汚染、交通事故によるけが、中毒、喫煙などの問題が指摘された。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。
【翻訳編集】AFPBB News