外観イメージ

写真拡大

 ストライプインターナショナルが展開する「コエ(koé)」が、渋谷に建設中のホテル併設型グローバル旗艦店「hotel koé」を2018年2月にオープンすることを発表した。衣食住の各分野で活躍するプロデューサーを起用し、ステイ・ファッション・ミュージックの3つのキーワードを掲げて新しい価値と文化の発信基地を目指す。

 「hotel koé」は、1階にベーカリーレストラン、イベントスペース、ホテルレセプション、2階にメンズ・ウィメンズアパレルと生活雑貨のショップ、3階にホテル客室とホテルラウンジを展開予定。クリエーティブディレクション・設計・インテリアデザインはSUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.の谷尻誠と吉田愛が手掛け、1階と2階は素の素材を大切にして空間を構成し、普段は下地などに使用される材料を仕上げに用いることでシンプルで作り込みすぎないデザインにする。3階のホテルは茶室の要素を現代風にアレンジし、「豪華な材料ではなくても上質な空間を生み出す演出」を構想している。
 ホテルのレセプションも兼ねる1階には、代官山のフレンチレストラン「アタ(Ata)」を展開する掛川哲司シェフプロデュースのベーカリーレストラン「コエ ロビー(koé lobby)」がオープン。一人ひとりに合うスタイルを提案する"仕立て屋"のような存在をイメージし、ゆっくり楽しめるディナーからテイクアウトのパンまで幅広いメニューをそろえ、店内には立ち飲みができるバーカウンターやテーブル席などを用意する。2階のショップではアパレルのほか「hotel koé」のロゴが入った渋谷店限定のホテルグッズも販売。ホテルグッズはジョージ・クリエイティブ・カンパニー代表の天野譲滋がプロデュースする。
 「hotel koé」のオープンに向け、コエはリブランディングを行う。artless Inc.の川上シュンを起用し、ロゴのリニューアルやショッパーの新デザインを製作するなど、新しいコエのイメージを作る。