柏木広樹、トヨタ会館イメージソング収録の9th album『TODAY for TOMORROW』を発売

写真拡大

 チェリスト柏木広樹の通算9枚目になるオリジナル・アルバムが2017年9月13日に発売され、アルバム・タイトル・チューンの「TODAY for TOMORROW」のミュージックビデオも公開された。

 「TODAY for TOMORROW」は、愛知県豊田市本社にあるトヨタ自動車の企業博物館『トヨタ会館』のために柏木が書き下ろした曲だ。本曲を手掛けるにあたって、トヨタの長い歴史の中で大切にされてきた“TODAY for TOMORROW”というメッセージを音楽で表現するために、柏木のメロディ探しはスタートした。柏木は「今日がんばるから、良い明日が来る。明日がんばれば、明後日はより良い日になる。人間はいきなり何かが出来たり、何もしていないのに幸運がやってくることは、非常に稀。人生には良いことも悪いことも、楽しいことも悲しいこともたくさんある。そういったことのすべてが、『明日』に向かうための『今日』があるのだ」という想いから「TODAY for TOMORROW」のメロディを紡ぎだしたという。その柏木の紡ぎだしたメロディに、ピアニストで作曲家、編曲家の光田健一が見事なオーケストレーションのアレンジを施して、「TODAY for TOMORROW」は完成。柏木は「自分の中にあったメロディたちが、僕が思っている何十倍も壮大になりました。光田さんのアレンジ、プロデュースには感謝感謝です!」とコメントしている。

 アルバムには、NHK山形放送局で夕方に放送されている情報番組『やままる』のメインテーマソング「A Day To Remember」や、山口朝日放送の情報番組『ひるくる!』のテーマソング「HALF TIME」、奈良県立医科大学整形外科テーマソング「Eternal Forest〜悠久の森〜」に加え、柏木のライフワークとなっている児童文学作品の『ドリトル先生』シリーズをモチーフとした「月からの使い〜ドリトル先生より〜」や盟友ヴァイオリニスト葉加瀬太郎とピアニスト西村由紀江の出会いから30年という歴史と友情を曲にした「Reminiscence〜回想〜」など、“昨日”、“今日”、“明日”が詰まったバラエティに富んだ12曲が収録されている。柏木は本作のリリースライブを2018年1月31日、2月1日に名古屋と大阪で行うことが決まっている。

◎「TODAY for TOMORROW」ミュージックビデオ
https://youtu.be/YSSgHev_QgY

◎リリース情報
アルバム『TODAY for TOMORROW』
2017/9/13 RELEASE
HUCD-1025 3,000円(tax out.)

◎ツアー情報
【柏木広樹 album“TODAY for TOMORROW”Release Premium Live】
2018年1月31日(水)
1st開場17:30 / 開演18:30、2nd開場20:30 / 開演21:15
会場:名古屋・NAGOYA Blue Note
料金:一般6,900 円

2018年2月1日(木)
1st開場17:30 / 開演18:30、2nd開場20:30 / 開演21:30
会場:大阪・Billboard Live OSAKA
料金:自由席6,900 円、カジュアル(1ドリンク付き)5,900 円

【柏木広樹 チェロ・コンサート Made in musicasa“TODAY for TOMORROW”】
2018年3月3日(土)開場17:00 / 開演17:30
会場:札幌・道新ホール
料金:一般前売5,500 円、学生前売3,500 円(全席指定)

2018年3月10日(土)開場17:00 / 開演17:30
会場:東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
料金:一般前売 6,600 円、学生前売4,600 円(全席指定)