バイエルン、3ゴール完封勝利でCL好スタート…22歳キミッヒが1ゴール1アシスト

写真拡大

 12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節が行われ、グループBに所属するバイエルンとアンデルレヒトが対戦した。

 アリエン・ロッベンやフランク・リベリーといった既存戦力に加え、今夏新加入したハメス・ロドリゲスも先発に名を連ねている。

 12分、ロベルト・レヴァンドフスキがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。倒してしまったスヴェン・クムスはレッドカードを提示され、残り80分弱をアンデルレヒトは10人で戦うことになった。このPKをレヴァンドフスキが自分で決め、貴重な先制点をものにしている。

 それでもアンデルレヒトはバイエルンの猛攻を1点にしのぎ、前半を折り返す。

 後半に入るとバイエルンの攻勢が増す。65分、右サイドでボールを持ったジョシュア・キミッヒが中央にグラウンダーのクロス。一瞬中央でフリーになったチアゴが落ち着いて決め、点差を2点に広げる。

 そして90分、高めの位置でボールを持ったジェローム・ボアテングが裏へ抜け出したキミッヒにスルーパスを送る。GKもかわし、バイエルンに3点目をもたらした。

 試合はこのまま終了。バイエルンがCL初戦を白星で飾っている。

【スコア】
バイエルン 3−0 アンデルレヒト

【得点者】
1−0 12分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2−0 65分 チアゴ(バイエルン)
3−0 90分 ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)