韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮に対し原油と石油精製品を合わせた供給量を約30%削減するなどの内容を含む制裁決議が国連安全保障理事会で採択されたことを受け、韓国政府は決議の迅速な履行に着手する。

 韓国外交部は決議の履行を協議する関係官庁会議を13日午後に開く予定だ。各官庁別の履行計画を議論し、採択から90日以内に提出するよう定められている制裁の履行状況報告書についても話し合う。

 安保理は11日に採択した同制裁決議で、北朝鮮の繊維製品の輸出や出稼ぎ労働者の就労を禁じた。専門家はこれらの措置により、北朝鮮の外貨収入が計10億ドル(約1100億円)減ると見込む。