公判に出席するため、護送バスを降りてソウル中央地裁に向かう朴被告=12日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党「自由韓国党」の革新委員会は13日、党革新案を発表し、収賄などの罪で起訴された党所属の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し自ら離党するよう勧告した。

 党の倫理委員会の規定によると、懲戒処分は重い順に▼除名▼離党勧告▼党員資格停止▼警告――となっている。

 朴前大統領は4月に起訴された際、党員資格が停止されており、今回の離党勧告は事実上、除名に向けた手続きとみられる。

 離党勧告を受けた党員が10日以内に離党届を提出しない場合、党は倫理委員会を経ることなく除名することができる。