【ワシントン=加納宏幸】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は12日、北朝鮮が3日に強行した6回目の核実験に関し、約250キロトンの爆発規模だったとする推定を発表した。

 これまで160キロトンとされた推定を大きく上回り、水爆実験とする北朝鮮の主張を裏付けるものだとしている。

 日本政府は包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)が発表した地震のマグニチュード(M)6・0を元に広島型(16キロトン)の10倍となる160キロトンと推定したが、同サイトはCTBTOがM6・1に上方修正したことを受けて、約250キロトンと推定した。さらなる地滑りや地盤陥落の危険性があるという。

 また、8日に撮影された衛星写真を分析したところ、実験が行われたとみられる北側の坑道から排水が増加していることが確認されたとしている。韓国原子力安全委員会が8日、放射性物質キセノン133(Xe133)が同国内で検出されたと発表したことと矛盾しないと指摘した。

 北側坑道からの排水は核実験の爆発でできた亀裂などから出てきているとみられ、同サイトは「放射性物質が放出されていないという(北朝鮮側の)説明は事実ではない可能性がある」としている。また、南側の坑道で初めて大型トラックなどの車両の動きが確認されたことを明らかにし、新たな核実験を準備する動きがあるとの見方を示した。