的中率約8割、「同性愛者を見抜く」AIと悪用への懸念

写真拡大

少しショッキングなAI研究が注目を浴びている。

今回、スタンフォード大学の研究チームが、「Deep neural networks are more accurate than humans at detecting sexual orientation from facial images」というレポートを公表。人工知能を使って人間の顔写真データを分析することで、「同性愛者かストレートか」を高精度で見破ることができるという研究結果を報告したのだ。

研究チームによれば、開発されたアルゴリズムを使うことで、ゲイorストレートのどちらであるか、男性の場合は81%、女性の場合は74%の確率で区別することができたという。

研究者であるMichal KosinskiとYilun Wangは、米国出会い系サイトに集まった3万5000枚以上の顔画像データを利用。「ディープニューラルネットワーク」を駆使して、その画像から特徴を抽出した。なお、識別対象の人物の画像を一人あたり5枚使用したところ、その精度はさらに向上。男性91%、女性83%に達したという。一方で、人間のモニターが同じ”作業”を行ったところ、精度がアルゴリズムより低い(男性61%、女性54%)ということも検証された。

研究チームは、「顔には、人間の脳によって知覚・解釈されるよりも、性的指向に関するより多くの情報が含まれている」と、研究の成果について説明した。なお、今回の研究は「ストレートか否か」を識別することに関心が向けられているが、トランスジェンダー、もしくはバイセクシュアルの人々については考慮されていない。

このような人工知能の使い方については、当然ながら、不安視する声も挙がり始めている。例えばガーディアン誌は、ソーシャルメディアなどを通じて数十億の顔画像データを入手できる政府が、人々の同意なしに国民の性的指向を検出することができる、とその脅威を示唆した。現在、LGBTの人々に不利な政策を敷く国はまだまだ少なくないが、その”迫害”のために同様のソフトウェアが使われることを危惧した形だ。

そこまで行かなくとも、カミングアウトしていないパートナーの性的嗜好を割り出す意図を持って、ソフトウェアが安易に使われ始める可能性は否定できない。

同研究が何かしらの悪意を持って始まったわけではないということは、確認するまでもないだろう。とはいえ、AIに人間以上の判断能力があると認知されてしまった途端、新たな社会的問題を生み出しかねない。AIという有用なテクノロジーをどう使うか。好奇心や大義名分は理解できるが、立ち止まってふと考える姿勢も研究者には必要なのではないだろうか。