マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニ

写真拡大

 12日に行われた欧州CLグループリーグ第1節でバーゼル(スイス)と対戦したマンチェスター・ユナイテッドは3-0の完封勝利を収めた。

 マンチェスター・Uはいきなりアクシデントに襲われた。この試合でキャプテンマークを託されたMFポール・ポグバが前半17分、相手ボールホルダーにプレッシャーを掛けた際に負傷。同19分にMFマルアン・フェライニとの交代を余儀なくされた。

 しかし、緊急投入となったフェライニがきっちり結果を残した。前半35分にDFアシュリー・ヤングが送ったクロスに飛び込むと、打点の高いヘディングシュートを叩き込んで先制点をマーク。さらに後半39分には右サイドを駆け上がって供給したグラウンダーのクロスでFWマーカス・ラッシュフォードのダメ押しゴールを演出した。

 その他の場面でも好機を演出するなど、3-0の快勝に大きく貢献したベルギー代表MFを指揮官は手放しで称賛。クラブ公式ウェブサイトが伝えている。

「重要な存在だと証明した。サポーターもそれを理解してくれて嬉しいし、私は心から彼に満足しているよ。私が就任してから、彼は本当にクラブとチームのために力を尽くしてくれている」


●欧州CL17-18特集

●プレミアリーグ2017-18特集