<初心者でも大丈夫!>プレゼントにもぴったり♪ 微笑みの国・タイからやってきた「ソープ・カービング」【作ってみた】

写真拡大 (全4枚)

 日頃の疲れを癒すべく、仕事後や週末に習い事をされている人も多いと思います。今密かに注目されつつあるのが“クラフト系”、その中でも石鹸に彫刻を施す「ソープ・カービング」です。微笑みの国・タイからやってきたソープ・カービングは、出来上がりの華やかさはもちろん、製作中も石鹸の香りに包まれながら優雅な楽しい時間が過ごせると、幅広い世代の女性に人気なんです。

 でもなかなか教室に通うのは難しいという人のために『DVDでできる!はじめてのソープ・カービング』(加藤えり/講談社)が発売となりました。本書では、初心者でも簡単に始められるように作り方が丁寧に説明されたDVDもついているので安心です。そこで、今回は超初心者の私が「ダリアのソープ・カービング」に挑戦してみました。

■実際に始める前に、カービングの基本を確認

 ソープ・カービングを始めるにあたり、最低限準備するものはカービング用のナイフと石鹸です。石鹸は市販のものでも大丈夫ですが、ソープ・カービング用石鹸の方が柔らかくて削りやすくなっています。これらはクラフト系を取り扱う店舗や通販などで購入可能。

 ナイフは、体に対し垂直に構え、鉛筆のように持ちます。実際に削る時は、ナイフを持つ手の薬指または小指を石鹸にあてます。そうすることで、ナイフが安定します。
 カービング方法の基本は2ステップ。初めに入れる1刀目をファーストナイフ、2刀目をセカンドナイフと言い、この組み合わせで石鹸を削っていきます。

■困った時にはDVD頼み!

 基本を理解した上で、いざカービングを開始。本書では一つ一つの工程が写真付きで解説されているので、それを見ながら順次進めつつ、それぞれの段階での石鹸の状態を確認することができます。

 また付属のDVDでは、実際のカービング作業が動画で紹介されているので、全体の流れや細かな手の動きなども確認でき、本当に教室で教えてもらっているような感覚になります。

■実際作り始めると…

 石鹸にナイフを入れた瞬間、思った以上に石鹸が柔らかく、あまり力を入れることなくすーっと削れました。この削れる瞬間がなんとも気持ちよく、ついつい余計に削ってしまいたくなる衝動に。そんな気持ちを抑えつつ、削り進んでいくと花びらが1枚ずつ浮かび上がってきます。

 ソープ・カーピングの多くは左右対称で規則正しい形に削っていくので、綺麗な形に花びらを作れると安堵感と共にさぁ次もと、不思議な意欲が高まってきます。そしてここまでくると、いよいよ最終仕上げです。柔らかい石鹸はほんの少しナイフがあたっただけでも削れてしまうので、最後まで気が抜けない中、なんとかカービング作業終了。

■さて出来映えは?

 カービング作業が終わったものに、ビーズで装飾してみました。全く初めてのソープ・カービング作りでしたが、なんとかダリアの花っぽくなりました。やはり何も彫られていなかった石鹸から比べると、パッと花が咲いて華やかな印象に。また、もともとが石鹸なので、置いておくだけで石鹸の良い香りも広がって、部屋に1つあるだけでちょっとリッチな空間を作り出すことができます。これは確かにプレゼントにも喜ばれそう。

 なお、今回の制作時間は約1時間。しかし、カービングしている最中は本当に無心で、ただひたすら綺麗に削ることだけを考えていたので、気がついたらあっという間に時間が経っていました。今回は初心者でも作りやすいダリアに挑戦しましたが、他にもリボンやバラ、さらにはプレゼントボックスといった、更なるステップアップしたカービングも紹介されていて、ダリアを作り終えた瞬間に「次は何を作ろう」と考えている自分がいました。

■手のひらサイズの芸術で癒される空間を

 普段慌ただしく生活している中で、一つの物と向き合い、集中して作業する時間は意図的にでないとなかなか作れなかったりします。でもその間、癒しの香りに包まれながら無心になれ、しかも出来上がったものが可愛らしい宝石箱のようなものだったらどうでしょう。手軽な材料だけで簡単に手に入る、手のひらサイズの芸術「ソープ・カービング」。ぜひやりたいことリストの1つに加えてみてはいかが?

文=JUNKO