米フロリダ州キーズ諸島で、ハリケーン「イルマ」によって破壊されたトレーラーハウスの残骸(2017年9月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】大型ハリケーン「イルマ(Irma)」が上陸した米フロリダ(Florida)州では、少なくとも12人の死亡が確認されていることが分かった。当局が12日、明らかにした。

 フロリダ州緊急事態管理局(Division of Emergency Management)のアルベルト・モスコーソ(Alberto Moscoso)報道官はAFPに対し「ハリケーン『イルマ』による死者数は12人に上っている」と述べた。

 イルマはフロリダ州南端のキーズ諸島(Keys)や内陸部に被害をもたらし、がれきの撤去作業などが進められている。
【翻訳編集】AFPBB News