ユーベFWがバルササポーターに中指を突き立てたとスペイン紙報道 交代時の愚行が波紋呼ぶ

写真拡大

CL初戦で不発に終わったイグアイン チームもバルサに0-3と完敗

 ユベントスは12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦の敵地バルセロナ戦で、0-3と完敗した。

 昨季CL準々決勝でバルサを下していたイタリア王者は、その返り討ちに遭う格好となったが、かつてバルサの宿敵レアル・マドリードで活躍していたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは不発に終わり、後半42分に途中交代となった。そして苛立ちを募らせたストライカーは、スタンドのバルササポーターに向かって中指を突き立てる愚行を犯したと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 敵地カンプ・ノウでの一戦に1トップで先発したイグアインは、前半28分にカウンターのチャンスからFWパオロ・ディバラのラストパスに左足でシュートを放つも、相手DFジェラール・ピケにブロックされるなど、沈黙を余儀なくされた。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2ゴールなどでバルサに0-3とリードを許すなか、イグアインは後半42分に17歳のイタリア人MFファブリツィオ・カリガラと交代しベンチに下がった。

 その際に、2007年から13年までレアルで活躍したイグアインは、バルササポーターからブーイングを浴びたが、そこで観客席に向かって中指を突き立てたという。

カンプ・ノウでは全12試合プレーし無得点

「マルカ」紙によれば、イグアインはバルサ相手に21試合3ゴールを記録しているが、それは全てレアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウでのもので、カンプ・ノウでは全12試合でゴールなし。同紙は「ゴンサロ・イグアインにとってはカンプ・ノウにおける悪い夜となった。12度目の訪問でゴールなし。彼はバルセロナサポーターに向けて中指を大きく突き立てた」と、その瞬間と見られる画像とともに伝えている。

 フラストレーションを爆発させてしまったイグアインに、制裁は下されるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images