〈初音ミク×若冲鶏〉
illustration by iXima (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net piapro (C)細見美術館

2017年9月13日(水)から9月25日(月)まで、京都高島屋 7F グランドホールにて、京都の絵師による35点の肉筆画を一挙に展示するイベント「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」が開催される。展示作品はいずれも、琳派や若冲などの日本画の世界と現代のキャラクターを融合させたもの。「初音ミク×若冲鶏」「ブラック・ジャック×富士烏」「リラックマ×軒端の梅」といった作品が紹介されており、時代を超えたコラボレーションで誕生した新たな世界観を楽しめる。

本イベントで会場に展示される日本画とキャラクターが融合した作品は、2015年から制作が開始された。京都で各種の染織製品の製作や販売を手掛ける豊和堂株式会社のアートディレクター山田晋也氏が、琳派へのオマージュ作品を企画したのが始まりだ。特定の作品をモチーフとしていないものもあるが、約半数は俵屋宗達 / 鈴木其一 / 神坂雪佳 / 酒井抱一 / 酒井鶯蒲 / 伊藤若冲といった細見美術館の所蔵品に着想を得て、同美術館館長の細見良行氏の監修のもとで制作された。会場に展示される35作品のうち、24点は今回が初公開の新作となっている。

入場無料で、開場時間は10:00〜20:00(最終日は17:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)。ちなみに、会期中にあたる9月13日(水)〜9月19日(火)に、同じく京都高島屋の1F ゆとりうむ特設会場では、京銘菓「真味(しんみ)会」の50周年記念特別企画として「京菓子の“新魅”展」が開催。マンガやアニメと日本画が融合した掛け軸などからインスパイアされた創作和菓子を「京銘菓・真味会」が製作 / 展示する。なお「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」は、2018年1月10日(水)〜1月16日(火)に、新宿高島屋への巡回も予定(展示作品などは京都会場と異なる場合あり)。


〈火の鳥×旭日に波濤〉
(C)手塚プロダクション (C)細見美術館


〈ブラック・ジャック×富士烏〉
(C)手塚プロダクション (C)細見美術館


〈リラックマ×軒端の梅〉
(C)2017 San-X Co.,Ltd.All Rights Reserved (C)芸艸堂

■期間:
2017年9月13日(水)〜9月25日(月)

■開催場所:
京都高島屋 7F グランドホール
京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52番地

■問い合わせ先:
京都高島屋
tel. 075-221-8811(代表)
url. http://www.takashimaya.co.jp/kyoto/