米デビュー戦で6度目の防衛に成功した井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

ロマゴン破ったWBC王者とのビッグマッチが沸騰…米記者「お願いだから実現してくれ」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。衝撃的な圧勝劇で世界的な知名度を一気に高めることに成功したが、WBC同級タイトルマッチで世界1位の英雄ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)を圧倒した王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)とのビッグマッチ実現を求める声が海外で高まっている。

「シーサケット・ソールンビサイ対ナオヤ・イノウエ。お願いだから、これを実現してくれ」

 ツイッターで王座統一戦を待望する声を上げたのは、米誌「リング・マガジン」などに寄稿するライアン・ソンガリア記者だ。投稿では、9日(日本時間10日)に同じ会場で戦った際、ロッカールームで撮ったとみられる“夢の2ショット”を掲載。それぞれWBCとWBOの輝けるベルトを肩にかけ、2人の王者がガッツポーズを決めている。

 フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がカルロス・クアドラス(メキシコ)に3-0で判定勝ちを収め、ソールンビサイへの挑戦権を獲得している。しかし、エストラーダよりも“ロマゴン”を倒した王者と日本の王者とのマッチメークを待望する声は、ソンガリア記者のコメント欄でも高まりを見せている。

ファンも続々熱望「ナオヤ階級上げないで」「2人は今、間違いない!」

「ナオヤ・イノウエとシーサケット・ソールンビサイの対戦が実現しなければ、自分の人生は完成しない。彼はチョコ(ローマン・ゴンザレス)と戦いたいと願っているはずだから、ナオヤが階級を上げないでほしい」

「ナオヤ・イノウエとシーサケット・ソールンビサイは今、間違いない! エストラーダとクアドラスのリマッチのマストだ!」

「ナオヤ・イノウエとシーサケット・ソールンビサイは極上のファイトだ」

 米国デビュー戦でド派手な勝利を飾った井上。海外メディアも「大勝負が期待される。シーサケットを視界に捉えた」と報じられ、期待されていた。

 ロマゴン相手にKOの屈辱を味わわせた30歳の実力者とのスーパーフライ級における夢の対決について、世界中で待望論が沸騰し始めている。