フレンチブルドッグとは?

最近とても話題になっている ぶちゃかわ犬。
公園やお友達の家でよく見かけますがほんっとにぶちゃかわで愛くるしいんです。
初めて見た時は、ブルドッグとパグと似ているなーと思っていたのですが。

フレンチブルドッグの歴史

18世紀に、フランスに渡ったイギリス人の飼い犬ブルドッグとテリアやパグとの交配で誕生したといわれています。
元々は、ネズミ退治や闘犬を目的とされていたのですが、この愛くるしい容姿からフランスではかわいいペットして人気になったといわれています。

外見や特徴

体は筋肉質でがっちりとしており、とても鼻が短いところが大きな特徴です。
この短い鼻の為にいびきをかく犬が多いようです。
また、耳は上にピンと立ちとがっています。コウモリの羽に似ているためバッドイヤと呼ばれています。
皮膚は敏感なほうで、暑さにもとても弱いです。
また、目はくりくりと大きく、眼球が飛びて出ているようにあるので、ケガや傷にはとても注意が必要です。
また、ほとんどのフレンチブルドッグは泳ぐことができません。暑さや湿気などでは体調を壊し安くなります。

毛色

毛色は大きく分けると4種類あります。

ベーシックな4種類

フォーン

ボディーは茶系で、顔は黒くなります。

クリーム

淡いクリーム色の単色です。

ブリンドル

ボディは黒がベースで部分的に白くなっています。

パイド

ボディは白がベースで、部分的に黒くなっています。

細かく分けると+8種類

更に細かくするとプラス8種類くらいあるんです!

エプロンソックスブラックマスク片パンチアイラインハニーパイドフォーンパイドタイガーブリンドルなどなど。

性格

とても明るく温厚で、ひとなつっこい性格です。愛情がとても深く飼主への愛情も深くもっているそうです。ただ、まれに気まぐれで自由な面を見せるのですがそれがまたかわいくてかわいくて仕方なくなります。

アメリカタイプとヨーロッパタイプ

フレンチブルドッグには、アメリカタイプかヨーロッパタイプと2種類あります。

では、どのように特徴が異なるのでしょうか?

アメリカタイプ

ボディ

胴が短く、ずっしりしています。また、ボディは小さめでバランス的に顔と頭が大き目の犬が多いです。

目がくりくりで大きく、人間の丸顔に近い犬が多いです。その為、かわいい表情が特徴的です。

毛色

一般的な毛色はクリーム色です。

性格

とても元気でひとなつっこく、明るいです。人にも懐きやすく、元々吠えることのないフレンチブルドッグの中でもヨーロッパタイプよりも吠えず穏やかな性格です。

ヨーロッパタイプ

ボディ

アメリカタイプよりもすっきりとシャープで筋肉質なボディで、顔と頭も小さめです。

ほっぺが垂れていてい、四角い輪郭が多くブルドッグに近いものがあります。きりっとしている顔立ちが多いように見えます。

毛色

一般的に多い色はブリンドルです。

性格

こちらもアメリカタイプと非常に似ており明るく活発で人なつっこいのが特徴です。ただ、すこし冷静な部分もあり慎重派でもあります。

まとめ

同じフレンチブルドッグでも、この2タイプに分けて細かくみると随分違いがありますね。
でも、パッとみで見分ける自信はありません。(笑)
飼い主の皆さん、今日はフレンチブル達のお顔と体をゆっくり見てどちらか探ってみてください!
ブルドッグ・パグ・フレンチブルドッグととっても似ている犬種ですが性格や体格なども調べてみると全然違います。
人間、人それぞれと同じように、犬も、犬それぞれ。
愛犬の為にお勉強しておりますが、とても楽しくためになります。