艶やかな赤いドレスで登場した佐々木希

写真拡大

 女優の佐々木希が12日、都内で行われた野島伸司脚本のHuluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」完成披露試写会に出席。体当たりで挑んだベッドシーンで共演者の玉山鉄二が見せた優しい気遣いを明かした。この日は、脚本を担当した野島も来場した。

 本作は、数々の社会現象を巻き起こしてきた脚本家・野島伸司が「今、本当に描きたいドラマ」として“セックス依存症”を題材に、主人公の信夫(玉山)と、彼を深く愛しながらも不特定多数の男と体の関係を持ってしまう妻・彩(佐々木)の悲劇的純愛を紡いだドラマ。

 「セックス依存症」に苦しむ主婦という難役に体当たりで挑んだ佐々木は、「テーマがテーマだけに悩みました」と話すが、「野島さんの作品に参加できることはものすごく大きなことですし、なかなか巡り合えない機会で、大きな挑戦になると思ってやらせていただきました」と不安よりも喜びが大きかったことを嬉々として語った。

 一方の玉山は、「野島さんの大ファンでもあるし、この作品を乗り越えたときの役者人生の景色を見たい」と思いつつも、「クランクインするまでは恐怖で、うまくいかなかったらどうしようと台本を読むたびに魔のスパイラルにはまっていった」と佐々木とは真逆の心境だったことを吐露した。

 そんな二人は互いの印象を尋ねられると、佐々木は「ベッドシーンではベッドから起こしてくださる気遣いが素晴らしくて、本当に優しくてジェントルマンでした」とにっこり。野島から「そんなことしてたんだ」と冷やかされると、玉山は「ベッドシーンは気を遣うじゃないですか(笑)」と当たり前の気遣いであることを訴えた。

 ところが、気遣われた佐々木はというと、セッティング中にバスローブ姿で待っている間に寝ていたそうで、玉山は「すごいな。何て自然体なんだと思ってうらやましかったです」と感心。思わぬ暴露に、佐々木は「信夫とのシーンは本当に安心しちゃって」と説明し、「すみません」と可愛く謝罪するも、なぜか玉山の暴走は止まらず、「すごいタイミングでおなかが鳴ったり、チョコを食べていたり」と続け、観客の笑いを誘った。しかし、着地点は「カメラが回っていないところでもそういう自然体な感じがあったから、いい夫婦感みたいなものを見つけやすかった」と好感触だったということで、佐々木を安心させていた。(取材:錦怜那)

Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」は9月16日配信スタート