メッシが“無得点記録”に315分間で終止符! ブッフォンの壁を破る2発でCL快勝発進

写真拡大

バルサがユーベに3-0勝利、スペイン紙はメッシの先制点に注目

 現地時間12日に開幕したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節の最注目カード、バルセロナ対ユベントスがカンプ・ノウで行われ、3-0でバルサが快勝した。

 エースFWリオネル・メッシは2ゴールを奪ったが、ついにユーベが誇る名守護神ジャンルイジ・ブッフォンの壁を打ち破ったと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 昨シーズン準々決勝でユベントスが快勝した同カードのリマッチは、雪辱を期すバルサが躍動する展開となった。そのきっかけを作ったのは、やはりナンバー10だった。前半45分、ペナルティーエリア外側中央でボールを持ったメッシは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスにパスを当てる。これをスアレスは巧みなダイレクトパスで走り込んだメッシにピタリと合わせると、メッシは迷うことなく左足を振り抜く。名手ブッフォンが一歩も動けないシュートは、ゴール右隅に決まった。

 先手を取ったバルサは後半に入っても勢いを落とさない。同11分にはメッシの突破を契機にクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが追加点を挙げると、同24分には自陣からのカウンターからMFイニエスタのパスを受けたメッシが、ペナルティーエリア内に侵入するやいなや左足シュート。ブッフォンの逆を突く巧みな一撃で試合を決定づけた。

リーグ戦でも3戦5ゴールと好調

 昨季のリベンジを完遂したバルサだが、メッシにとってもレジェンドを初めて打ち破る一撃となった。これまでメッシとブッフォンはクラブで計3試合戦ってきたが、いずれの試合でも無得点に終わっていた。この日、L・スアレスとの見事なワンツーで決めたゴールによって、ブッフォンからの“ノーゴール記録”は315分間でピリオドを打った。

 メッシは今季リーグ戦で3試合5ゴールと相変わらずの決定力を発揮している。ユーベ相手に奪った2得点によって、ゴール量産のペースをさらに上げていきそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images