合コンでバレる「残念な人の証」とは?(写真 : msv / PIXTA)

「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「酔いに任せて転落する」二流の合コン


グローバルエリートファンの読者の皆さま、お待たせしました! 待望の「ムーギー・キムのグローバルメールマガジン」が、ついに創刊しました。0号(サンプル)は無料でお読みいただくことができます。詳細はこちら

「うわ〜、わざわざ夜景のキレイな場所を選んで、そのくらいで、かっこいいと思われると思っとるんかーい!!」

世の中には、「お酒を飲みながらの勉強会」、すなわち世間一般でいうところの「合コン」を開くたびに、「二流の闇に転落する残念な人たち」が存在する。

ステキな夜景が見える高級バーを予約したり、無理をして高いおカネを出したのに平静を装ったりするのは、序の口だ。挙げ句の果てには、初めから日本酒を1升瓶で頼み、「酔いに任せていきなり無礼講モード」に突入する暗すぎる闇に転落している人たちが存在するのだ。

これに対して一流の人は、合コンを開催するときも一流だ。予約が取りにくい一流のお店の予約を前日までにバッチリすませるなど、合コン相手への気配りを怠らない

「一流の幹事」という誉れ高き人たちは「参加者人は●●商事の東大卒のイケメンで……」などと必死に肩書をアピールしなくても、「あなたが呼んでくる人なら、イケてる人でしょう」という信頼のお墨付きを獲得しているのだ。

「学歴の高さや頭のIQ」と「合コンを立派に開けるかどうか」は関係がない。世の中には、合コンを開いただけで、その「人格的欠陥」や「人としての故障っぷり」がもろにバレてしまう人たちが存在する。

それでは、「合コン」を開いただけで、ものの見事にバレてしまう「残念な人の証」とは何なのか? 早速、紹介しよう。

合コンでまずバレルのは、「自己紹介不能の欠陥ぶり」である。

「合コン」だからこそ、礼儀と配慮を忘れない

【1】「自己紹介が破綻している」ことがバレる


せめて自己紹介くらいは無難にこなしてほしいところだ。しかし、残念な人に限って、「『たかちゃん』と呼んでください」「『けんぼう』って呼ばれています」「『ムギムギ』って姪っこには呼ばれています」などと、いきなり「親密なあだ名」で呼ぶことを要求したりする。

そういう人に限って、出身地紹介で相手方が「静岡県出身です」と言おうものなら、「おおー、お茶の!」などとどうでもいい「ご当地ツッコミ」を入れるのだ。

三流の闇に大転落しているケースでは、相手を見たとたん「今日は収穫なし」と戦意喪失し、ろくな自己紹介もないまま「女性同士、男性同士」だけで話し、「なんなのコレ!」状態でギクシャクしまくるのだから、私にはかける言葉もない。

【2】他人に配慮ができない「自己チュー」がバレる

次に合コンでバレるのが、その人の「まったく配慮できない」自己チューぶりである。

合コンという「社交の場」では、まわりの人にどれほど礼儀と配慮をふりまくことができるかという「人間的成熟度」が求められるのは、言うまでもない。

にもかかわらず、「自己チュー」の残念な人に限って、一番人気のお気に入りの相手にばかり話しかけ、いきなり「1対1」に持ち込もうとして、せっかくの「合同コンパ」というグループ感を台無しにしてしまうのだ。

こういう自己チューな人ほど、海鮮サラダが出てきても他人の分をよそわない。しかも唐揚げが出てきたら、恥じらいもなく1人で3人分も食べ、「料理が食べられない参加者」を大量発生させてしまうのだ。

結果、「この人は食べたいものばかり自分で食べて、他人に配慮がなさすぎる」と糾弾されても、仕方がないのである。

最も恐るべき、合コンの「宴もたけなわなころ」に現れるのが、トイレ休憩時間に「意味なき戦略」を練っている二流の人たちである。

合コンで「俺自慢」「自分語り」は完全アウト

【3】「無意味なトイレ作戦タイム」で戦略不足がバレる

二流の合コンでは、ある程度の時間が過ぎると、示し合わせたようにスマホをブルブル鳴らしたり、野球のキャッチャーのように「変なサイン」を送ったりしてトイレに集まり、「トイレ会議」が行われる。

そういう場面では、自分たちがまるで相手の眼中にないのに、「俺は左から2番目いくから、1番右はお前にやる」などと、なぜか「自分の所有物のような話し方」をする、残念な人たちが存在する。

そういう人に限って、「俺が『ジャイ子』の面倒みるから、今日はお前が『しずか』を持っていけ」などと、勝手に失礼なあだ名をつけて「連携プレー」を演じたりするのだから、これが末期症状でなくて何だというのか。

なぜか人気のない女性は「ジャイ子」と名付けられることが多く、ジャイアンが聞いたらさぞかし怒り狂うはずだ。

ともあれ、トイレ会議やお化粧直しタイムの「作戦会議」などで「作戦を立てているということ自体に満足感を感じる」のが残念な人の所作といえるだろう。

「合コンはトイレ会議くらいでは劣勢を挽回できない」と、トイレ会議を開きまくってきたこの「グローバルエリート」が、太鼓判を押して「お墨付き」を与える次第である。

【4】「キャバクラと勘違いしている」ことがバレる

なお、いつもと違って「二流がバレるポイント」が3つに収まりきらないのは、合コンではことのほか「二流要素」に満ちあふれているからだ。

私が合コンで目撃してきた中で、最も感度を強くして糾弾したいのが「合コンをプロの夜のお店」と大きな勘違いをしているオジサンたちである。

三流の闇に転落しているオジサンに限って、会ったとたんに「手相を見てあげる」などと言って女性の手を握るのはもちろんのこと、おカネを出しているお店だからこそ許されている「俺自慢」や「自分語り」を大連発する。

そういうオジサンの中には、二次会に向かうタクシーの中で、下手をすると膝に手を置くし、何を勘違いしたのか「今日、ウチに来る?」などと言い出す人もいるのだから、なぜこういうオジサンが逮捕されないのか、私には訳がわからないのである。

このような「二流すぎるオジサン合コン参加者」たちは、対女性のコミュニケーション方法が、「キャバクラのお姉さんとの接し方しかできない」恥ずべき人間であることが、すっかりバレてしまうのだ。

いつまで「お財布」探してるんですか?

【5】「おカネを支払う気がない」ことがバレる

最後に、合コンでバレるのが、「おカネを支払う気がない」ことである。

合コンのお会計タイムになると、なぜかトイレに脱出する人がいるのは、もはや古今東西、合コンの風物詩であろう。

せめてレジの前で、「いくらお支払いすればいいですか?」と、たとえ「いいよ、いいよ。ここは男性陣が出すから」という答えを期待していても、善意のジェスチャーだけは求めたいのが本音である。

そんなとき、笑顔で「ありがとうございます! ご馳走になります!」と感謝してくれたり、帰り道に「今日はごちそうになりました」とLINEのひとつでも入れてくれたりしたら、ご馳走した側としても気がすむものである。

しかし、その日の合コンでお互いにまったくタイプの人がおらず、「今回は、女性陣にも金銭負担を求めたい」と思ったときに限って、「出してくれるのが当然」とばかりにトイレに逃げて籠城する、残念な”ジャイ子”たち

そういう人の中には、「あれ、どこだろ? どこ〜」とレジの前でカバンから財布を探すふりを続ける人もいる。

しかし、実際、私が目撃したケースでは、男性陣が、しびれをきらして女性のカバンの中を捜索し、あっという間に見つけて「財布が見つからないのが演技だった」ことがバレてしまったこともあった。

たとえ合コンに不満があったとしても、せめて「おカネを払う意思」くらいは示すのが、人としての理ではないだろうか。

これまで、恥ずべき二流の合コンについて、わが身を振り返りながら下から目線で書き綴ってきた、「恋の伝道師」との異名も高いグローバルエリート

それでは、「一流の合コン参加者」とは、いったいどのような特徴を有するのだろうか? 「一流の合コン開催者」の称号をほしいままにする夜の勝利者たちは、以下の特長を有している。

「一流の合コン参加者」2つのポイント

【1】「ベスト陣容」をそろえる

一流の合コン幹事の辞書に、いわゆる「幹事マックスの法則」など存在しない。

男は自分よりあらゆる面で「イケている人々」を惜しみなく招集し、男同士でもいい人間関係のきっかけになるように努力をするものだ。

対する女性側幹事も、決して自分がいちばんマウンティングできるように、「自分が注目を浴びるために、自分よりもイケていない人ばかり集めよう」とはこれっぽっちも思っていない。

むしろ、「私を幹事にしたからには、相手側に恥をかかせられないわ」と、自分にできる限りのベスト陣容を堂々とそろえることに全力を注ぐのである。

【2】「全員野球」で、みんなをいい気分にさせる

一流の合コンでは、それぞれの人が、恋愛相手を探そうとガツガツしていない。

そもそも来る人たちが人間的に成熟しているので、参加者全員に敬意を払い、知的な会話で視野や知識を広げつつ、温かい関係を築くものだ。

そういう合コンに限って、その後も、友人としてもろもろの人脈が広がっていく。

「異性を求めて血走って競争する」のではなく、「同性同士も仲良くなって親睦を深める」のが、一流の合コンであるといえるだろう。

「夜の勝者が集う一流の合コン」では、参加者全員が「自分がリスペクトされた」と実感し、その後も公私ともに有用な人間関係が形成されていくのである。

これまで、下から目線で男性の立場のみならず、女性からの視線も大切にしながら、「恥ずべき二流の合コン」の実態を述べてきた、グローバルエリートである私。

しかし、何を隠そう「恥ずべき二流の合コン者」に転落しているのが、このグローバルエリート自身であることは、読者の皆さんの誰一人として気づかなかった大どんでん返しではないだろうか。

私の「二流すぎる」合コン体験

決死の覚悟で誘い、高根の花的な女性と合コンにこぎつけたはいいものの、「自分の引き立て役」でお願いしたはずの、信頼していた大学の2年下の後輩に、すっかりお目当ての彼女を持っていかれてしまった、深すぎる暗闇に転落した私。

また別の合コンでは、「好きな花は何?」という恥ずかしすぎる質問をしたあげく、あろうことかそのときの答えを真に受け、都内を走り回って20本の白いバラをかき集めて相手に渡したら、完全に「キモイ変人」扱いされた二流の合コン参加者が、何を隠そう、自称「グローバルエリート」である、この私なのだ。

しかし、私のような二流の合コン参加者がこの世から消えないかぎり、この世に正義は訪れない。

そして二次会のカラオケで、下手な発音の英語で「レット・イット・ビー」を歌い、盛り上げなければならないのに尾崎豊の「I LOVE YOU」を食らわせ、最後に山崎まさよしの「One more time,One more chance」で雰囲気にとどめを刺す、私のような二流の合コン参加者が絶滅しない限り、この世の中は一向によくならないのだ。

なお、これまで参加された合コンで悟った教訓や、一流の合コン、二流の合コンに関して所感を送ってくださる方は、こちらまでご連絡いただければ幸いだ。

ご回答いただいた「グローバルメールマガジン」の読者の皆様と、近々合コンを開催させていただくので、「最強のグローバル合コン」にご参加希望の方は、ぜひご連絡いただきたい。

皆様に、すばらしい「合コンライフ」が待っていること祈りつつ、今回も最強におもしろかった我が一流のコラムを、終えることにしたい。