画像提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市はこのほど、大阪市営地下鉄民営化後の新会社で着用する制服のデザインを公表した。新会社での営業を開始する2018年4月1日から着用する。

新会社の制服は「安全、信頼感、親しみやすさというコンセプトのさらなる追及」と「洗練性の向上や仕事のしやすさ」の2点を両立させたデザインに。サービスをさらに向上させ、関西屈指の鉄道会社として成長するとの決意を込めたという。

地下鉄用制服の冬服は、凛とした印象と信頼感のあるダークネイビーのスーツスタイル。誠実さを感じさせる三つボタンのジャケットを採用し、袖口にはグリーンとゴールドのラインを施すことで識別性を高めるとともに、品格のあるデザインとした。夏服はさわやかさを感じさせるサックスブルーをメインカラーに、胸ポケットと袖口にグリーンのラインをアクセントとして加えた。

技術職用の制服は、落ち着きのあるグレーをメインカラーに濃淡で全体を構成し、汚れの目立ちにくい配色を採用。ズボンには膝当て布を配し、耐久性を高めた。防寒服は視認性の高い蛍光イエローを使用するとともに、現場の意見を取り入れた大きめのポケットを採用して収納性を高めた。

なお、新会社の愛称やロゴは営業が始まる2018年4月1日に発表される予定。当日は記念セレモニーも行われるという。