「iPhone 8」(右)と「iPhone 8 Plus」(左)

Apple社は、iOS搭載のスマートフォンの新製品「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」を、2017年9月22日(金)に発売する。予約注文は9月15日(金)からスタート。カラーバリエーションはゴールド / シルバー / スペースグレイの各3色で、ストレージ容量が64GBのモデルと256GBのモデルがラインナップされている。iPhone 8の価格は、64GBモデルが7万8800円〜(税抜)、256GBモデルが9万5800円〜(税抜)。iPhone 8 Plusの価格は、64GBモデルが8万9800円〜(税抜)、256GBモデルが10万6800円〜(税抜)。

両製品は、スティーブ・ジョブズ・シアターにおけるスペシャルイベントで発表された。「iPhone 8」には1334×750pixels(326ppi)の4.7インチ Retina HDディスプレイ、「iPhone 8 Plus」には1920×1080pixels(401ppi)の5.5インチ Retina HDディスプレイが実装されている。同日に発表された「iPhone X」とは異なり、本製品では従来通りの物理的なホームボタン / Touch IDセンサーが残された。本体はIP67準拠の防塵 / 防水性能を備えている。

画面に関しては、True Toneと呼ばれる4チャンネルの環境光センサーを用いたテクノロジーで自然な表示を実現。周囲の光の色温度に合うように、ホワイトバランスが自動的に微調整される。CPUには新たにA11 Bionicチップを採用。6コアと43億個のトランジスタを搭載し、4つの効率コアはA10 Fusionより最大70%高速で、2つの性能コアは最大25%高速となった。3DゲームやARのために最適化された新たな3コアのGPUは、A10 Fusionより最大30%の高速化が実現されている。

背面には、「iPhone 8」が12メガピクセルカメラ(F1.8)、「iPhone 8 Plus」が12メガピクセル広角(F1.8)と12メガピクセル望遠(F2.8)のデュアルカメラを搭載した。特に「iPhone 8 Plus」では「ポートレートモード」が進化。「ポートレートライティング」(β版)の機能によって、顔検出と深度マップを使いながら、撮影時に効果的な照明エフェクトを加えられる。

前面のFaceTime HDカメラはいずれも7メガピクセルで、OSはiOS 11。「iPhone 8」の本体サイズは67.3(幅)×138.4(高さ)×7.3(奥行)mmで、重量は148g。「iPhone 8 Plus」の本体サイズは78.1(幅)×158.4(高さ)×7.5(奥行)mmで、重量は202g。なお、両製品は「iPhone X」と同様にQi規格のワイヤレス充電にも対応した。これにあわせて、最大3デバイスを同時に充電できるマット状の充電器「AirPower」が2018年に登場することも予告されている。


3色のカラーバリエーション展開で、
「iPhone 8 Plus」は背面にデュアルカメラを搭載


2018年の登場が予告された充電器「AirPower」での充電イメージ

Apple
URL:https://www.apple.com/jp/
2017/09/13