まだ日差しが強い日もありますが、カラっとした風はどことなく“秋”を感じる今日この頃。気が付くとコンビニのレジ横には「中華まん」や「おでん」が早くも登場していますが、グルメ情報サイト「ぐるなび」では早くも2017年度のトレンドとなる鍋料理についてのリリースを行なっています。

今の段階ではフルーツ鍋を食べたみたい人の割合、約3割

「ぐるなび」の発表によると、2017年度のトレンド鍋は「フルーツ鍋」! その名の通り具材としてフルーツを使用する鍋で「爽やかなフルーツの香りや酸味がアクセントになる食事としての鍋」や、「見た目も可愛くスイーツ感覚で楽しめる鍋」だそうです。鍋にフルーツ?スイーツ感覚で楽しめる鍋?これって本当にアリなのでしょうか? 

その根拠となるのは、今年の8月にぐるなびが行なった「鍋に関するアンケート調査」。まず「美や健康を意識した時に食べようと思う食材・食品」について尋ねたところ、以下の結果となっています。

美や健康を意識した時に食べようと思う食材・食品

1位 野菜類……79.3%

2位 果物……40.8%

3位 乳製品……34.8%

確かに「果物」は約4割が回答し、支持の高さがうかがえます。ただし「果物」と答えた4割の人は「鍋で食べたい」かどうかは定かではないような気もしますが……。

では核心となる、「実際にフルーツ鍋を食べてみたいか」について調査結果はどうなっているのでしょうか?

あなたはフルーツ鍋を食べたいと思いますか?

食べてみたい……32.3%

食べたくない……67.7%

「食べたみたい」は約3割。流行の兆しというには、正直ちょっと苦しい結果です。本当にフルーツ鍋は流行するのでしょうか?

フルーツ鍋に興味津々の20代。その背景にあるのはやはり……

「実際にフルーツ鍋を食べてみたいか」について調査結果をみると「食べてみたい」は約3割。しかし性別と年代別の調査をみると、20代男女では違った傾向がみられました。

あなたはフルーツ鍋を食べたいと思いますか?(20代男女別)

・男性

食べてみたい……45.2%

食べたくない……54.8%

・女性

食べてみたい……42.9%

食べたくない……57.1%

20代では「食べてみたい」の割合が4割以上にアップしているのです。ちなみに「フルーツ鍋」の流行を予測した「ぐるなび」では、その根拠について次のようにも語っています。

8月に入ってから東日本では記録的な長雨や冷夏と不安定な天候が続いたため、例年と比べ十分に夏を満喫できなかったことから“戻り夏”を楽しみたい方が多く、西日本では例年より暑い日が続いたため夏のだるさや疲れを癒したい方が多いと予測。

確かにそれも一理あるかもしれません。しかし実際にぐるなびがリリースしたフルーツ鍋の写真をみると、ある一つのキーワードが浮かんできました。

管理栄養士の柴田真希さんによる「フルーツ&シーフードのココナッツカレー鍋」。トロピカルフルーツとカレーは相性良さそうです。

ズバリ“インスタ映え”です。このキーワードを考えると、インスタに親和性が高い20代が支持していることとつながります。

ちなみに「どの果物をつかったフルーツを食べてみたいですか?」という質問に関して1位となったのは「レモン」(62.9%)だそう。フルーツ鍋とはいっても「レモン」なら確かにアリとなる人は多そうです。せっかくなのでインスタをしない層でも、物は試しということで一度はぜひ食べてみるといいかもしれませんね。

【調査概要】
調査媒体; ぐるなび
調査日:  2017年8月9日(水)〜2017年8月10日(木)
調査方法: インターネット調査
調査対象: 20〜60代ぐるなび会員 計1492名